プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【100年ゾロ誕】 ONEPIECE 第1巻 「ROMANCE DAWN ― 冒険の夜明け ―」 その3
100年一度のぞろ目誕企画。( 趣旨はコチラに♪


1巻の続きです。 今日はまじめなお話書きます(^_^;


 * 1巻の感想・その1はコチラ♪

 *       その2はコチラ♪




ゾロの過去編について書きます。

ゾロの過去編はぜんぶで7ページ。大変に短いです。



まずはストーリーに沿って見ていきますね。


過去編のスタートは、
ゾロがくいなちゃんに、2000回目の負けを喫したところから。


2000回とか、スゴイ数字ですよねコレ。

1日1回の勝負を挑んだとしても、5年以上かかる計算になってしまうので、
きっと1日に2回も3回も…もしかしたら10回も20回も、勝負を挑んでいたのかもしれません。
( うう … 子ゾロ、ちょとうざいこかも…(-_-;) )




2000敗目を喫したゾロに、くいなちゃんはこう言います。

「 相変わらず弱いわね …… 男のくせに!! 」


それを聞いたゾロの同輩ちびっこたちが、
怒って抗議しまくる件、なんかいいなあと思うです。


だってこんなちびの頃から、ゾロの頭の中には剣ばかり。 強く強くとそればかり。

とても同じくらいの子供たちと、小さな友情を育むとか、そんな感じには見えません。


なのに怒ってくれるのは、きっとゾロ、みんなの憧れだったのだろうなあと思うです。

年も体の大きさも、自分たちと変わらないのにあいつだけすげえ。
みんなが遊んでいるときも、あいつだけが頑張ってた。

そうやってちゃんと見てもらえてて、認めてもらって、尊敬とか、されていた。


並の友情とかはなかったかもしれないけども、
ゆったりとあたたかだったゾロの少年時代とか、垣間見えるような気がするです。

肉親とかの話はまだ出てこないけどここは、
紛れもなくゾロのふるさとであるのだろうなあと、そんな想像までしてしまうほどに。




さて2000回目の負けとかいう偉業を成し遂げたゾロ。

くそうと竹刀を投げつけこう叫びます。

「 おれは将来海へ出て 世界一強い剣豪になるんだから
  今からあんな奴に敗けてるわけにはいかねえんだよ!!! 」

面白いですよね、こんなちびっこなのに、
言うことはまるで、大きくなったゾロそのままです。
これと似たような台詞、この後私たち、何回も聞いています。

本当にゾロは、小さい頃からまっすぐに、ただひたすらにまっすぐに、
てっぺんだけを見つめてきたんだなあってこと、
今さらながらしみじみと、感じ入ってしまうです。



けれどまだまだちびっこのゾロ。

負けて負け続けてくやしさのあまり、
くいなちゃんに、真剣での勝負を迫ります。

真剣で、つまり命がけで挑めば勝てるとか思ったのかなゾロ。
剣のためなら、勝負のためならかんたんに命をかけてしまうところとか、
やっぱりゾロだなあとか思うです。


しかし命がけの勝負にもあっさり負けて、ゾロは泣きます。

( この、ちくしょうくやしいと泣くシーン、ミホ様に負けた後のゾロをほうふつとさせますよねー )


そして涙が引っ込んだゾロに、勝者くいながかけるのはこんな言葉。

「 本当はさ … くやしいのは私の方 」


自分は女の子だから、やがてはどんどんと男の子達に追い抜かれてしまう。
それがとってもくやしいと、今度はくいなちゃんが泣いてしまいます。


私ね、今回は本当に初めてと言っていいくらいにこの過去編のこと、
徹底的に考え考え読み込んでみたのですけども、
このくいなちゃんという女の子、
剣にかける魂が、ゾロとまるっきり近い場所にいるみたいなのですね。

過去編のお話の中でもそうですけども、
サボがドラゴンに助けられたとき、このシモツキ村に立ち寄るシーンがありましたよね。

あのとき、他のお友達が海賊船にキャッキャしてる中、
脇目もふらずに修行をしているゾロのこと、だいぶん印象に残ったけども、
実はあのときくいなちゃんも、ひとり修行に打ち込んでいたですよね。

「ゾロの頭の中には剣ばかり。 強く強くとそればかり。」

って、この稿の冒頭で私、書いたのですけども、
おそらくくいなちゃんの頭の中も、まったく同じなんだろうなあと思うです。

毎日が剣のことばかり。 今より強く、もっと強くとそればかり。



だから、

「 私だって世界一強くなりたいよ!! 」

って台詞のところで、ちょっと泣きそうになってしまったです。


誰にでも、どうしてもどうしても、口に出せない思いを抱えてしまった経験て、あるですよね。
誰かに言いたくて、でもためらわれて苦しくて。

この小さな女の子が、たったひとりで抱えてきた、寂しさやむなしさ。
それをやっとやっと、表に出すことができた場面。

ここいいなあって、思うですよね。

ちびっこふたりが交互に泣いて、
ライバルで、つんつんとがった関係だったふたりの心が、
それぞれにホントの部分、見せ合っていくシーンです。

できたてほかほかの友情とか、感じてしまうですよね。




さてこの後ゾロが怒って、
きっと将来、どちらかが世界一の剣豪になるのだと、
どっちが早くなれるか競争しようというシーンになるのですが、
もうここらへんから読んでる私が、そうとうにきつい。(精神的に)


私ね、この過去編を通じて尾田先生が本当に言いたいことはなんだろうとか、
一生懸命考えていたですけども、
自分なりに感じ取った結論は、 「 孤独 」 の2文字だったのです。



くいなちゃんに勝つために、がむしゃらに頑張っていたゾロ。
負けてくやしい思いは山盛りだったかもしれないけども、
それでも 「 にくたらしいアイツ ( 目標 ) 」 がすぐそばにいるってこと、
いつでも勝負を挑める場所にいることは、決して孤独ではなかったんじゃないかと思われます。


憧れの人の、本当の姿を知った夜。

くそうくそうと思いながら修行をしてきたのは、自分ひとりではなかった。

だからこれからはまず、
自分はくいなに勝つために、そしてくいなは、女であるというハンディに勝つために、
いっしょに頑張っていくんだと、そしてきっと将来は、
どちらかが大剣豪になる。でも絶対に自分は負けないぞ頑張るんだって、
もしかしたら眠れないほどのわくわくとした興奮に、高揚感に
まるまると包まれた、しあわせな夜だったろうなあと思うです。



くいなちゃん。
が、あんなことにならなかったら。

きっとエースとルフィのように、
怒りながら笑いながら、共に高めあい、成長していったふたりだったろうなあと思います。
春も夏も秋も冬も、ふたりで竹刀をふるって、ただそれだけで幸福な毎日が待っていたはずなのに。


たった一晩で、散った夢。


ゾロ、すごくかわいそうでした。





ここからのゾロのこと、うまく説明できるか自信があまりないのです。
だけどよかったらいっしょに、想像してあげて欲しいです。



だいすきでだいすきで、一生懸命打ち込んできたことが、
ある日突然、もうできないと知らされたとき。

だいすきでだいすきで、ずっと一緒にいようねって言ってた人に、
ある日突然、別れを告げられてしまったとき。


なんか陳腐で、微妙に違う気もするけれど、
誓いをたてたあの夜から、ゾロの夢は、ひとりで見るものではなくなったのだと思うのです。

くいなちゃんとのあの夜さえなければ、
それまで通りに、無邪気にてっぺんを目指しているゾロだったと思うです。

けれど知ってしまったから、心を開き、認め合い、励まし合える誰かがいるという、その幸福を。



だからゾロは、くいなちゃんの刀をもらったんだなあって思うのです。

白鞘の刀は、共に夢を見るはずだったくいなちゃんの代わり。

またたったひとりで修行を続けることになった、ゾロの長い長い歳月。

白鞘の刀は、時にゾロを励まし、時にゾロを叱咤してくれたことでしょう。

何も言わない刀だけども、ゾロの頑張りを認め、成長を喜んでくれているように感じられること、
きっとあったと思うのです。



でもね、刀は刀でしかないと、こんなこと言うのはイヤだけどでもやっぱり、そう思うのです。

だって成長したゾロはどこかで、気がついているはずなのです。
自分はもう、あのときのくいなちゃんを超えてしまっていることに。



「 目標 」 も、 「 同じ夢を見る仲間 」 をも失ってしまったゾロの心の穴は、いつまでもあいたまま。
ゾロのように、夢、というものが人生の大部分をしめる人にとっては、
決して小さな穴ではなかっただろうと思うです。

コーシロー先生が、道場のみんなが、あたたかくゾロを見守り、応援してくれたとしても、
ヨサジョニたちがゾロの実力、心からすげえすげえと尊敬してくれたとしても、
決して埋められることのなかったその喪失感。

それは強くなればなるほどに、孤独というものに近くなっていったのではないかと思うです。
高みに昇れば昇るほどに、ひとりになっていったのではないかと思うです。

腰にくいなちゃんの刀をさげていても、
自分の中ではどんどんと、夢をかなえる日が近づいたように思えたとしても、
それでも足りないように思えたそのピース。



ゾロ、あんたルフィに出会えてよかったね。



過去編読んで、いっぱいいっぱい考えて、
それからもっかい1巻読んで、最終的に私が感じた言葉はコレでした。


ゾロ、ルフィに会えてよかったね。


ゾロを愛する皆様には、この言葉だけでもう、説明とかいらないかなと思うから、
過去編の話はこれでおしまいです。


ゾロ、ルフィに会えてよかったね。


次回1巻感想最終回。
ここで伝えきれなかったこと、補足できるようにがんばります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
こんにちは♪
なんか読んでたら涙が・・・゜゜(´O`)°゜
初めてアニメのゾロ回想見たときも
泣いちゃったんですが、原作にはない
「くいなは女という壁をもう少しで乗り越えるところだった」
とコウシロウ先生がいってた言葉が無念で仕方なかったことを
思い出しました。
そしてやっぱり、ゾロは不器用だなと思いました。
一人だったら新しい目標を見つけられず
くいなの影を背負いながらただがむしゃらに
約束を果たすために生きてたんじゃないかなと。
だけど約束を果たしたところで、やっぱりくいなはいないんですよね。
ルフィに会えて良かった。
ヘルメッポなんぞにあの時処刑されずに
ほんとに良かった(え?)
文章長くなっちゃってすみません!
読んでてすごくじーんとしたので書かずにいれませんでした・・・!
ではまたですo(^o^)o
[2011/09/02 08:31] URL | 琉羽 #jxT87rSU [ 編集 ]

るうさまへ♪
泣き虫な可愛いるうさま、こんにちは!
コメント、ありがとうございます♪

> なんか読んでたら涙が・・・゜゜(´O`)°゜

ホントですか~ありがとうございますー。
で、でも実は私も書きながら何度か、ひとり涙ぐんでおりました…
勝手に想像して勝手に泣くとかはずかしい~とてもるうさまを泣き虫とは呼べないのでありました…(笑)


> 初めてアニメのゾロ回想見たときも
> 泣いちゃったんですが、

ああそうでした、
アニメではこのへん、本当にていねいにお話広げてくださってましたね。
以前貼らせていただいた動画へのリンク、このあともいっかい貼らせてもらおう~。


> 「くいなは女という壁をもう少しで乗り越えるところだった」

ああそれは本当に泣ける…。
本当にこのエピソードの、持ち上げて叩き落とす感、ハンパないですものね残酷さ。


> だけど約束を果たしたところで、やっぱりくいなはいないんですよね。

そうですね、強くなっていけば行くほどに、
心のどこかにあるむなしさみたいなのが強くなっていくんじゃないかなーって、
自分も想像していたですが、
あのまま世界一の剣豪になったところで、(うれしい気持ちはあるだろうけど)
歓喜、みたいなものとは違っていたでしょうね。

でもまあ、ひとりでいたらゾロ、世界一は難しかったかもしれないな、とも思うですね。
世界の敵ってこんなにみんな強いんだーって、私ホントにびっくりしましたもの頂上戦争のとき。

今ゾロ、ちょっと強くなったようなのですが(私、2年後ゾロに視線が冷たい人・笑)
それはやっぱり、ルフィたちがいたおかげですものねー。


> ルフィに会えて良かった。

ハイ、本当に。
剣士として人間として、ゾロは本当にラッキーな人でした。
(というか、一味全員、ラッキーな人たちでしたね♪)

支え支えられ進む。そして成長し続ける。
私やっぱりこのこたち、だいすきだなあと思うです(^^)


> ヘルメッポなんぞにあの時処刑されずに

ヘルメッポ!!
私まだしつこく1巻、開いたり閉じたりしてるのですが、
見れば見るほど彼のファッションすべてがおかしくて、
だいぶんうるおいをもらってます~(そんな話をしてるじゃないのについ持ち出す・笑)


> 読んでてすごくじーんとしたので書かずにいれませんでした・・・!

ありがとうございます。
ツイタでこにさんりぷにも書いたのですが、
ホントにコレ、自分の世界に入ってて、あまりのたどたどしさに悶絶しきりなのですけども
(元気あったら手直しする~えーん)
お優しいるうさまには、うまく書けなかったことまで全部、くみとっていただけたのだなあと思うです。

みんな本当に優しくて、何かそれだけでシアワセです(*^_^*)

ではではUSJ、ホントにお天気回復すると良いですね~(>_<)
お気をつけていってらっしゃいませ。ありがとうございました♪

[2011/09/02 23:30] URL | よちえ #- [ 編集 ]

m(_ _)m
じっくり想像して、思って、直接描かれてないことに思いをはせて読む。そういう読み方は、ぼくの中にありませんでした(^_^;)よちえさんの文書を読んで初めてゾロの日々を思い浮かべました。よちえさんが言いたいことはたぶんくみとれたと思います。

本当にルフィと会えて良かった。


まだまだ先に出てくる話ですが、じゃあミホークはどんな日々を歩み高みにたどり着いたんだろう。孤独であり続けたのかな、と考えてしまいました。
[2011/09/03 02:07] URL | おにぎり #- [ 編集 ]

おにぎりさまへ♪
こんにちは、コメントありがとうございます(^^)

> そういう読み方は、ぼくの中にありませんでした(^_^;)

ハイ、私もいつもいつも、こういう読み方をしているのではないのです~
(たいていは、ただキャーキャー言ってるだけです・笑)

この1巻は、重要な巻だから徹底的にやろうと思ったことと、
本編の情報量が少なすぎてうまくつかめないところがあったので、
妄想を広げてみたのです~(我に返るとこういうのって、すごくはずかしいのです・笑)


> よちえさんの文書を読んで初めてゾロの日々を思い浮かべました。

ありがとうございます、私もここまで考えたのは初めてです(笑)


> よちえさんが言いたいことはたぶんくみとれたと思います。

ホントですか!
頑張ったけどうまく書けず、結論ぶんなげた感じになってしまったので…
でもゾロがだいすきな方にはやっぱりわかっていただけるのですね、大変にうれしいです(^^)

>
> 本当にルフィと会えて良かった。

うん、本当にルフィと会えて良かったですね。

> >
> じゃあミホークはどんな日々を歩み高みにたどり着いたんだろう。孤独であり続けたのかな、と考えてしまいました。

そうですね、そうなのかもしれないです、誰にも手が届かない高みにいるのですものね。
そうでもないとてっぺんという場所には、たどりつけないのかなあ…

けども2回もゾロを助けてくれた件(誓いのシーンと、土下座のシーン)
あと、シャンクスとの友情(?)とかを考えると、
孤独はあるのかもしれないけども、決して冷たいだけの場所ではないという気もするですよね。

そしてその場所にいつかゾロがたどり着いたとき、
ミホ様とは違う王者であるのかもしれないとか、妄想ふくらむいっぽうですどうしよう(笑)

いろいろ想像するて、楽しいですよね。
また何かありましたらぜひ、お話聞かせてくださいね(^_^)b

[2011/09/03 23:48] URL | よちえ #- [ 編集 ]

楽しい
はじめまして。

ここのブログ。読んでて楽しいです。面白いです。ワンピに愛を感じられて嬉しいです(何目線だよ)。

麦わら一味、みんなそれぞれ好きなので、ゾロ企画、凄く面白いです(一番好きなのが蛇姫様なのは内緒・・・にしない。しないのかよ!)。
[2011/09/09 01:05] URL | 月刊モリア #- [ 編集 ]

月刊モリアさま♪
はじめましてこんにちはー!

コメントいただき、ありがとうです~♪

> ここのブログ。読んでて楽しいです。面白いです。

えっ、ホントですか~スミマセン(なぜ謝る)
というか、うれしいですありがとうございます(*^_^*)


> ワンピに愛を感じられて嬉しいです(何目線だよ)。

それはたぶん、
月刊モリアさまと私が同じような目線で彼らを見ているからかもしれないですね♪(うん、うれしい♪)

ちなみに自分目線は「母ごころ」的なことをよく言われます……母て…。

>
> 麦わら一味、みんなそれぞれ好きなので、ゾロ企画、凄く面白いです

ありがとうございます♪
ホントはゾロだけじゃなく、1コマ1シーンずつとか拾えたら良いのですが、
(だってゾロ以外にもだいすきなシーン、いーっぱいありますよね~)
ゾロのお誕生日なことと、
私のアタマがややこしいことに向いていないので(笑)

でもいつか、他のキャラだけとかでもやってみたいです~♪


> (一番好きなのが蛇姫様なのは内緒・・・にしない。しないのかよ!)。

おっかしい~(笑)
ブログ楽しいとおほめいただきましたが、
月刊モリアさまのコメントのほうが、よっぽど楽しいとか思います~(^^)


ハンコックちゃんだいすきですか、私もだいぶんだいすきです♪

ずーっと前に書いたハンコックちゃんの記事↓
http://111156.blog134.fc2.com/blog-entry-33.html

もしおてすきの時などありましたら、のぞいてみてやってくださいね♪


では続きも(だいぶん間があいちゃってるけど(^_^;)がんばります。
よろしければまた、おしゃべりしにいらしてくださいね♪

[2011/09/11 02:16] URL | よちえ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://111156.blog134.fc2.com/tb.php/87-d9d0205a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。