プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE PIECE 第629話 「立ち塞がる元七武海 」 - 【 魚人島の盾 】
あのう、こういってはなんなのですが、
近頃わんぴ、お話すすむの、大変遅くはありませんか?

アマゾンのレビューで、
「進行が遅いのがこの作品の魅力」
と書かれているのをみてからは、
自分どんだけキモチが急いてもガマンしよ。

とか思っていたのでありますが、さすがに今週、ひとこと言わずにはおれなくなりました。


スミマセンが尾田先生。 お部屋にドバドバお水の元栓、閉めてやっていただけますか?






ジンベエさんとルフィがけんかして、ロビンちゃんが止めました。

双方主張譲らず、再びけんかが始まりました。


端的にあらすじを書いてみたら、なんだかカナシイ感じになりました(笑)



ルフィ、いいですね。


「 おれは竜宮城に行って仲間助けて ホーディってのブッ飛ばすんだ!!! 」

「 おれは行くっつったら行くんだ!! 」


けんかして、ジンベエさんの主張を聞いて、でもやっぱり、ためらうことはないところ。


仲間助けて何が悪い。 悪いヤツぶっとばしてどこが悪い。


シンプルで、清々しいまでにまっすぐで、こうゆうルフィ、自分はホントにだいすきです。



サンジくんも良かったなあ…♪

船長の、ごちゃごちゃ言わない胸のうち、代弁してくれたのですね。
ハチのことまでわかってあげて、本当に優しいです。

船長理解ならゾロだって、負けるところじゃないけども、
必要とあればある程度、言葉にすることもできるだろけど、
やっぱりこんなふうに上手には、気持ちを伝えられなかったような気がするです。

男らしくて、カッコイイ言葉たち。

だけどみんなの心のひだの、やわらかーいところまで、
きれいにすくい上げてくれるサンジくん。

見ていて胸が、ぽかぽかな感じになりました(^^)


…… まあ最後は結局、ハートを飛ばしていたけどね(笑)




ロビンちゃんの仲裁も、大変美しくてあざやかでした~

やめなさーい! って、大声を出すでもなく
いいかげんにしなさい、って、力で押しとどめるのでもなく。

サンジくんが割り込んでくるところまで、計算に入っていたかはわかりませんが、
魔法みたいな分身の術ひらひら、
うるわしすぎて、ただただ見惚れてしまったです~♪




でも今回ね、いちばん考えてしまったのは、ジンベエさんのことでした。


「 重ねた歴史が魚人族に 卑屈な考えを植え付けてしまっている 」

「 打ちのめそうとする姿は魚人島の皆に 変わることのない歴史を連想させる…!!」



人間にだまし討ちにされ、輸血を拒んで命を落とした、英雄フィッシャー・タイガー。

あと一歩のところで、人間に撃たれてしまったおとひめさま。


思えばジンベエさんは、この悲しすぎる歴史のどちらにも、立ち会ってしまった人でした。

人間に絶望してしまいそうになる気持ちはきっと、誰よりも理解されているのでしょう。

裏切られたと知ったときの、心の痛みも。


それでもジンベエさんの、ここまでの道筋は、
卑屈なものでも、人間にたてつくものでもなかったよね。

重く苦しいタイガーさんのその死の後。
七武海となって少しでも、魚人の位置を向上させることを選んだジンベエさん。

あのときジンベエさん、たいへん冷静に政治的に、
依頼を受けているように見えたけども。

本当は自分でも、すごくイヤだったんじゃないかと思うです。
大好きな大アニキを殺した人間たちの、手先になって動くとか、
たまらなかったんじゃないかと思うです。

だからアーロンがわかってくれなかったとき、
あんなにもくやしくて、つらそうな顔で震えていたのではないかと思うです。

誰のためでもない。 アーロンをはじめとする魚人族のみんなために、この道を選んだのに。


おとひめさまを撃ったのは人間だったとわかったとき。

「 隠せ………!!」

って言ってましたよね、ジンベエさん。 犯人が人間だったということを。


あのシーンもまた、今回の彼の言葉と重なるです。

信じようと決めて伸ばした手、目の前で拒絶される。

そんな痛みを、みんなには味合わせたくないと、
真実を知り苦しむのは自分だけでいいと、
そんなような感情が、ほのみえるような気がしたです。

今回ルフィたちがとろうとしている行動は、
決して裏切りの行為ではないけども、
今この国に入れなくなっている事情だってきっと、
自分さえガマンすればと、身を引いたのではないかという予想を絡めたら、

「 わしに任せろ!! 」

と繰り返すジンベエさんはまた、魚人族のために自分の身を心を、
犠牲にするつもりなのではないかなあと思えます。




誰かを守りたいという、優しい気持ちがぶつかりあうこのケンカ。

どちらが正しいとか間違ってるとか、そういうことではないけども、
ずっとずっと長い間自分を抑えて、魚人島の盾たらんとしていたジンベエさんの、
意志を尊重してあげて欲しいなーって気分になりました。
( 先週はジンベエさんのこと、空気読めないとか言ってたくせに~・笑 )

ルフィを止めること、至難の業だと知ってるけども、
なんとかみんなで船長抑えて、任せてあげて欲しいです。

でもってもしジンベエさんに、命の危険とか迫ってきたらそのときは、
みんなで助けてあげると良いなと思うです。

だって島の人たち、きっとホーディさんよりジンベエさんのが好きだから、
激しい戦いが起きたとしても、
「 人間の魚人いじめ 」
とかいう誤解は、出てこないように思うです。




それにしても自分、
フランキーとちょぱがあんまり口を出してこないこと、
不思議に思っているですよね。

バケモノとか言われて、人間にひどい目に合わされたチョッパー。
いくら今がシアワセでも昔の記憶、忘れたわけではないと思うのに。
差別される魚人さんと昔の自分、重なる部分はないのでしょうか。

魚人と人間の共存といえば、
いつも思い出すのは、トムさんとココロさんのことなんだけど、
ふたりに育てられたフランキーにはこのへん、
何かひとことあっても良さそうなのになあ、とか。

話し合いですみそうな気配はあんまり感じられないけども、
仲間の意見を聞いて、ちょっとだけガマンするルフィとか出てきたら、
2年後成長感じられて、楽しいかなあと思うです。




最後にちょっぴりゾロのこと。(4コマ)

「 バーカ 待て…… おれの刀を持って来い 」

「 全部斬っちまう 」

……………… し に ま し た。

くそう3ヶ月近くもとらわれの身のくせに、まったくもって、 天下無敵のかっこよさ!!!

あまりのステキさ動揺しすぎて、なんかもう、
なんかわけわかんないけど斬られたい! つか、もう斬られた気がするマイハート!!
とか、意味不明に悶え苦しんだよちえさんなのでした(笑)


お水ドバドバ、まだちょっぴりしんぱいですが、
ブルックさまの、衝撃的な新技のおかげで、
( 剣なのか音楽なのか、ってみんなであれこれ予想してたのに、オカルト技で来るなんて何かずるい~・笑 )
来週こそは、自力脱出自由の身ですね。

あちらのけんか、まだまだ長引く予感がするので、たいへんうれしく思ったでした。

最後のページのゾロ思い出し、鼻息を荒くしながらも、
月曜日の来ることが、たいへん待ち遠しくてなりません♪ おしまい。




WJ 感想 29号
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://111156.blog134.fc2.com/tb.php/80-2520c60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。