プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE PIECE 第602話 「下舵いっぱい!! 」 - 【 シアワセ♪ 】
シアワセです。

夢みたいに、シアワセです。

シアワセ、 っていう四文字は、こういう気分のことを指すのだなって思うほど、
大変にシアワセな気分をいっぱいにくれた、今週のワンピース。

おめでとうよかったね、全員揃ってうれしいね、って、
そんな気持ちを込めながら、
シアワセだと思ったあんなことこんなこと、書き出していきたいと思います(^^)



・ レイリーとルフィ

冒頭は、レイリーさんとルフィの、別れのシーンの続き。

先週もちょっと、内心困った気分になりかけていましたが、
今週はさらに困った気分にさせられるおふたりでございましたー、
な、何かあったのこのふたり、2年の間に!?

(だって…どうなのよ、ルフィのこの笑顔って…↓)
602_luffy.jpg
(笑顔全開再び…船長、私もう、ときめきすぎて死ぬ…)

それはともかく、
ルフィが心からレイリーさんに感謝してて、心からレイリーさんに懐いているってことだけは、
すんごくわかったこの2週間。


ところが対するレイリーさんが、
先週から妙に歯切れの悪い受け答えをしていらしゃるのが、大変に気になりました。

( 今週なんて前半、ろくに言葉もなく、 「………」  ばっかりだし… )


どうしたんだろ、レイリーさん。
まるでルフィのこと、行かせたくないみたい…


ふーむと考え、わかったことは、
ルフィがレイリーさんを大好きなように、レイリーさんも、ルフィが大好きなんだな、ってこと。

何もかもをお見通しのレイリーさんには、
この先の海では、何が起こるかわからない、 ってことも、
だからもしかしたら、これが今生の別れになってしまうかもしれない、ってことも、
つい、想像できてしまうことだったのでしょう。

だからルフィのことが心配で、
できるものならそんな危険な場所へは行かせたくなくて、
だけどレイリーさんも男だから、そんな言葉を口にできるわけもなく、
思いが自然、 「 ……… 」 に、なっちゃったのかなあ、って、思いました。



それでも最後の最後には、

602_reilly.jpg

と、応えるレイリーさんはきっと、尽きない心配を切り捨てて、
2年間、手塩にかけて育てたルフィのことを信じようと、
それも、ただ生きて帰ってくることを信じるのではなく、
頂点を極めて凱旋の途につく彼であれと、
そんな願いを込めながら、この言葉を発したのではないかと思われました。


ステキだなーレイリーさん。

初登場時には、こんなに父性あふれる人だとは、思ってもみなかったよ。

だけど海賊王のクルーには、やっぱりこんなあたたかさが必須なのかもしれず、
だったら麦わらの一味には、頂点を極める資格アリアリだなあなんて、
ほくほくしている私でもありました。




・ サンジくん

ますますとギャグキャラ化が進むサンジくん。

鼻血のイキオイで飛んでくなんて、いったいどんな技だよびっくりしたよ(笑)


レディを見るたびの壊れっぷり。

おかしいやらお気の毒やらなのですが、ある意味コレも、
2年間も見られなかった、お約束な風景だよなあ、とか思ったら、
小さなシアワセ、感じちゃったりしてました。

サンジくん、貧血には気をつけて。 あと、どうして分け目を変えたのかを、早く教えてください。
(サンジくんも片目、ダメになったんじゃないだろうかと、要らぬ心配してるのです、私…)




・ ウソップ

またですよ~またウソップの言葉に、泣かされそうになりました。

ついにサニーにルフィたちが戻ってきて、
これでめでたく一味全員集合、な、シーン。


602_usopp.jpg


なんでこんな単純な言葉が、
ウソップが口にするだけで、こうも心に響くのでしょう … 泣かせやがってコノヤロウ。



「 またみんな揃った 」

うれしいね、ウソップ。
誰もその言葉、口にしないけど、きっと一味全員、そう思ってる。


「 またみんな揃った 」

何千万の読者様も、きっと全員、同じこと、思ってる。


「またみんな揃った」

なんてシアワセな言葉だろうね、ウソップ。

ウソつきなあんたが口にする、誰より素直でホントの心。 私はとってもだいすきだ。

あんたがこの一味にいてくれて、本当によかったなあ♪




・ はなむけ

出航の邪魔をしようとする、それはもう大量の、海軍たち。

でもまさかの方たちが、助けに来てくれました。


レイリーさん、ありがとう。
ペローナちゃん、ありがとう。
大きなトリさん、ありがとう。
ハンコックちゃん、ありがとう。
ヘラクレスン、ありがとうん!
おかまさんたち、ありがとう。
ウェザリアのおじいちゃんたち、ありがとう。


もう2年間もお世話になったのに、最後の最後に、こんなはなむけをいただけるなんて、
思いもよらないことでした。

びっくりしてうれしくて、ありがたくて感動で、ここでも思わず、泣きそうになりました。


優しい優しいお友達たち。
いつかちゃんと、お返しができるといいな。


これからみんなは旅立って、たくさんの冒険を繰り返して、そうしたら、
夢をかなえたうれしい笑顔で、また遊びに行くことと思います。
(たぶん今度は、9人全員でお邪魔します)

そのときはまた、あたたかく迎えてやってくださいね。




・ ゾロ

私はわりとゾロファンなので、ゾロが誌面に出ていれば、それだけでシアワセです。

たとえ針の先のような、こんな小さなシルエットでも↓
(クリック拡大します…拡大してもシルエットだけだけど^^;)
602_zoro.jpg

( ゾロ … レイリーさんに、どんなお世話をかけたのだろう … また迷いまくったのか … )
( あ、でも 「 船長がお世話になりました 」 って、意味だったかもしれない … それもいいな、うん )


たとえ、足だけしか見えなくっても↓
(クリック拡大します…これはみどころ満載の楽しいシーン♪)
602_itimi.jpg

(大騒ぎの一味たちの中を、悠々と抜けていくゾロですね。
 「 アホかおまえら 」 とか、言っちゃってるかもしれないですね。
 でも内心やっぱり、この大騒ぎも懐かしくうれしいだろうなあ♪ とか、想像します~楽しい(^-^))



でも今週、いちばん好きなゾロのお顔はこれ↓

602_zoro2.jpg
(カッコイイゾロ、当然クリック拡大します)


いかにもルフィっぽい船長演説 ( ←すごくよかった♪ ) を、聞くゾロ。

私はルフィに対して、こんな表情をするゾロがとても好きです。

極めて真摯に、船長の話を受け止めようとしているようにも見え、
思った通りのことをやってるな、って、納得しているようにも、
唯一自分が認めた船長を、誇らしく思っているようにも見えます。

それから、「 船長に対するゾロの厳しさ 」 っていうのも、大変に気に入ってる部分なのですが、
この表情を見るからに、
ゾロは2年ぶりの船長に、まずまずの評価をくだしているらしいぞ、 って、思われて、
それもやっぱり、シアワセでした(^^)




だけどやっぱり、いちばん胸躍ったのは最後のページ。


サニー号の甲板で、

 「 出航だァ~~~!! 」

って、船長のかけ声に、

 「 行くぞォ! 魚人島ォ~~~!!!」

って応える、麦わらの一味たち。


ゾロが誌面に復活したときも、ゾロとルフィが再会した回も、
大変にうれしくてたまらなかったけど、
やっぱり私、今週号が、
「 またみんな揃った 」 今週が、
今まででいちばん、シアワセな回でした。


私ってやっぱり、ゾロやルフィのファンである前に、

『ONE PIECE』のファンだったんだなあー。


なかなかにハードな2年間だったけど、
今こんなに、夢みたいにシアワセだから、
もうそろそろ、2年2年言うのはやめて(笑)
みんなといっしょに、新しい冒険、楽しんでいきたいです(^^)v


WJ 感想 48号


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://111156.blog134.fc2.com/tb.php/41-321cd0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。