プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE PIECE 第599話 「九人の海賊」 - 【 ハンコック 】
今週のおジャンプ感想は、実は何よりも、ハンコックちゃんのことが書きたかったのです。

だって私、今週ほど彼女のことを 「 好きだ 」 と、思ったことはなかったから。


2年分の、いっぱいいっぱいの感謝を込めて、今回はハンコックちゃんのことを、綴らせてください♪




たぶんワンピース史上、最高の美女。 そして今のところ、最強のアマゾネス。


うるわしのハンコックちゃんのことが実は私、あまり好きではありませんでした。


なぜかというと、ルフィに色目をつかうからです(笑)

私はわりとゾロファンなのですが、ルフィのことも、相当に好きなのです。


ナミちゃんやビビならばともかく、ぽっと出の美人なんかに、ルフィを渡すわけにはいきません。

この2年間、それどころじゃない状況にもかかわらず、私の心の奥底には常に、
シットの炎がメラメラと、「ハンコック、許すまじ」が、スローガンのようなものでした。

( うーん… しゅうとめが嫁を憎らしく思うキモチって、こんなんだろうなあ…)





だけども本当のことを言うとここにくるまで何度か、
「ハンコックちゃん、好きだー!」って、言いそうになったことがあります。


例えば初めの頃の、こんなシーン↓

han.jpg
(クリック拡大します)

うひー! は、ハンコック … なんと可愛い … いいヤツ …

(私は今でもこのシーンがいちばん大好き。 今週のひげハンコックと同じくらいに♪)




マリンフォードで、ルフィの行く手をふさぐ敵たちを、何度も何度も、盾となってくい止めてくれたハンコック。

han2.jpg
(クリック拡大します)

くまのレーザーから、身を挺してルフィを守ろうとするハンコックちゃん。

あああ、ハンコック、めちゃくちゃカッコイイ … きれい …



この頂上戦争でのハンコックちゃんは、本当にすごかった。

ケムリンもくまもその他もろもろも、
ルフィが避けて通るしかできないような相手をくい止めて、
自分は傷ひとつ受けずにきれいなまま。


「七武海」の肩書き、全然嘘じゃないんだなって、本当にびっくりしました。


そしてこの戦争中、あまりにも強大な敵と味方の中、
今まで最強とばかり思っていたルフィや一味たちが、
小さく小さく、文字通りただの ”ルーキー” にしか思えなくなり、
半ば呆然とし、ひどく心細かった私にとって、
たびたびと助けてくれるハンコックちゃんがいてくれることが、
どんなに頼もしく、心強く思えたことか。

ああ、またハンコックが来てくれた、助けてくれた…
ありがとう、ハンコックちゃん、うれしい…




だけど、こんなにステキなハンコックちゃんを見ても、
やっぱり素直に 「 ハンコックちゃん、好きだ 」 って、言えなかったのは、
本当はハンコックちゃんの立ち位置に、ゾロや一味のみんながいて欲しかったから。


必死になってエースを助けようと走り続けるルフィのそばに、
どうしてみんながいなくって、
代わりにハンコックちゃんがいるんだろう。


ルフィが負った、大きな傷を癒す場所が、
なんでサニー号じゃなくて、ハンコックちゃんのそばなんだろう。


それがすごく寂しくてくやしくて、
ハンコックちゃんは何も悪くないんだけども、
やっぱり素直に彼女のこと、認める気持ちにはなれなかったのです。





今週号のジャンプ、私がいちばん好きだったハンコックちゃんの台詞はこれでした↓


―― リュックには、着替えが500着と、お弁当千人前

―― ハンカチとティッシュ あとタオルを5年分

―― 飲み水とおやつは3年分 銀の食器

―― それにハブラシと石鹸ハンドクリーム 虫さされ軟膏を…


旅立つルフィに、ハンコックちゃんが持たせたかった、荷物の中身。



同じなんだもの、ハンコックちゃん。

私も、もし子供たちが、ひとりで危ない場所に行くようなことがあったら、
きっと心配で心配で、
あれもこれも、それもこれもって、冷静に考えたら要らないようなものまで、
そんなにあったら、絶対邪魔になるだけですよ、っていうくらいいっぱいいっぱい、
持たせようとするに違いないんだもの。


だって心配だから。 何かあっても、そばで助けてあげることができないから。


だからこうして、あれもこれもって、
心配の数とおんなじくらいたくさんたくさん、持って行かせたくなるんだよね。



先週、ルフィの姿を見たときに、
あの大きなリュックには、いったい何が入っているんだろう~って、
すごく興味津々だったけど、

入っていたのは、ハンコックちゃんからルフィへの、
いっぱいの愛情と、いっぱいのお気遣いとまごころでした。




ハンコックちゃん、今まで本当にありがとう。


ルフィが本当に行きたいと願った、あの場所へ行くことができたのも、
例え一瞬だったとはいえ、
念願かなって、ついにエースを、救い出すことができたのも、
みんなみんな、ハンコックちゃんのおかげです。 本当に、ありがとう。



あんなことになって、心もからだも、傷だらけだったルフィ。

今こうして彼が、神様みたいに強くなり、再びみんなに会うことができるのは、
ハンコックちゃんが、ルフィを島へと招いてくれたおかげです。

彼のために、安全な2年間を、本当にありがとうございました。



今までのたくさんのお話の中で、
こんなに何度も何度も、ルフィを助けてくれた女の人は、
ホントにハンコックちゃんだけだなあ、

って、今回これを書きながら、しみじみと思わされました。

たくさんたくさんの、ご恩があります。 返しきれないほどに。



そして長い長い2年間。

そのうちたぶん、1年半は、会うこともできなくて、
それでもこんなに、ルフィを大切に想ってくれるハンコックちゃん。

ルフィの嫁として認めるかどうかは別問題ですが ( まだ言ってる・笑 )
ありがたいことだなあと、今は素直に思えています。



たくさんのご恩のことも、ハンコックちゃんの深い深い愛情のことも、
わかっているのかいないのか、大変につれないルフィでごめんなさい。


けどもルフィは、ハンコックちゃんがイヤで、結婚を断っているのではないと思います。

自分が進むべき道以外のことに、縛られるのがイヤなんじゃないかなあ、というのが、私の予想。


だってルフィは、海賊王になる男だから。




いつか決戦の時、また再び、ハンコックちゃんにお会いすることができるでしょう。

その時はまた、力をお借りすることになるのだと思います。


ご恩にご恩を重ねることは恐縮ですが、でもそんなことはちっとも気にならないくらい、
大きな大きな夢を、彼は見せてくれるはずだから。

あなたの好きな、ルフィという男は、
そういう形で周りすべてのみんなに、報いてくれるはずの人だから。


だからその時まで、ずっといっしょに、彼を心配し、応援していこうね♪


大好きな大好きなハンコックちゃん。

またあなたに会える日が、私は本当に楽しみです♪



WJ 感想 45号

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://111156.blog134.fc2.com/tb.php/33-8f5d98a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。