プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再会前に、シャボンディでの戦いのことを思う

再会を目の前に、2年間の思い出を綴ります。



始まりは、シャボンディ諸島。
地面からぽこぽこシャボン玉が生まれる、不思議な島。


お土産物屋さんがあって、遊園地があって、お買い物ができて、
おお、珍しく都会っぽい島だな、って楽しく見てた。

泡の乗り物、乗ってみたーい♪ って、親子で盛り上がったっけ。
お土産物屋さんのラインナップにも、だいぶん心ひかれたな。
(オヤビンのバッジと、水水肉の次くらいに(^_^;)



わんぴの中の悪役は、悪いヤツだけどやっぱりかっこよくて強くて、
あんまり嫌いになることってなかったけど、
世界貴族には、さすがにイラッとした。


だからルフィが、心底怒ってぶっ飛ばしたときには、
本当にうれしかった。


うれしかったのは、「 悪いヤツが退治されたから 」 じゃなくて、
それやったら大変なことになるよ、 ってわかっててそれでも、
それでもぶっ飛ばさずにはいられなかった、ルフィの心。

そしてそれを当然のできごとのように受け止める、一味たちの心。



さすがルフィ。 ウチの船長は、やっぱりこうでなくちゃ♪

さすがはゾロ、そしてナミ。
みんなみんな、本当にきれいで、ステキなハートを持っている。

私ってば、なんてイカした奴らを好きになっちゃったんだろう~♪



なんて、感動と興奮でもう胸がいっぱいでうれしくて、
この後、これが引き金となって起こるであろうもろもろには、
全然何も、心配とか不安なんて、そんなの、なかったな。



ルーキーズの、三巨頭で逃げ道を作り

 ( 3人とも、ライバル心むきだしでおかしかったなー )

 ( でも私はゾロに、ここにゾロが混ざって欲しかったんですよ~ゾロだって一応、億越えルーキーなんだもん…差をつけてくれちゃって…くそう )



レイリーさんちで、びっくり話を聞きながらくつろいで

 ( 思えばココが、最後のくつろぎシーンだったんだな… )



じゃー3日間、バラけて逃げようぜ、なんて話になったときも、
どんなふうに活躍して、どんなふうに面白おかしく逃げるのかなあ、
なんて、楽しい想像しかしなかった。





PX-4がやってきて、みんなが次々に必殺技を繰り出すところなんかは、
なかなか豪華でかっこよかったけど、
ゾロの、ルフィのへとへとぶりに、なんだかだんだん、
イヤな予感がしてきたっけ。




最後の戦いは悲惨で、全員が全員、ただただ痛々しくて、
もう目を背けたくなるほどにつらかった。


逃げながら、でもピンチの仲間を捨て置けなくて。

みんながみんなして、誰かをかばおうとしては傷ついて。



もうまともに動けないゾロ。

ウソップに担がれて逃げる途中の

「 おろせ……!! ………お前らを逃がす……!! 」

には泣けたなあ … ゾロがかわいそうでくやしくて。

( 今思えば、土下座シーンを見た時と、同じキモチだったな、この時の私 )




ランブルを3つ食べて、また意識のない巨大な怪物になってしまうチョッパー。

( あんたのそういうところがもうお母さんは … うう )



「 くそ…!!! 何やってんだァ おれは…!! 目の前で二人も仲間を…!! 」

と、頭をかきむしってくやしがるサンジくん …… 胸にこたえた。



ナミちゃんの、途中で消えた言葉が切なかった。

「 ルフィ!! 助けて… 」





「 逃げろ! 逃げることだけ考えろ!! 」

と、ひたすら大声で叫び続けたルフィ。


でもルフィがどんなに叫んでも、それでもピンチの仲間の前に立ちはだかってしまう、
サンジ、ブルック、フランキー。



仲間がひとり、またひとりと消されるたびに、鬼のような形相になっていくルフィ。



「 もうやめろお前!! やめてくれ!! 」

ってルフィが叫んだとき、私も同じ事を心の中で叫んでいたと思う。




負け戦、っていうのは、こんなにも惨めなものなのか。

って、骨の髄まで染み通るほどに、こわくて、悲しい戦いでした。




『  この日 船長モンキー・D・ルフィ率いる海賊団

   ”麦わらの一味”は 「完全崩壊」 を喫した…  』




というナレーションを読みながら、ただただ呆然とし、
起こるはずのないことが起こってしまったことに、
目の前が真っ暗になるような、そんな気持ちでした。


ウソでしょ … ワンピースで一味がバラバラになるなんて …
どうすんだよ、これから … とか。





あれから2年。

過ぎてしまえば、あっという間のような気もするけれど、
やっぱり長い長い、2年間でした。


やっと、やっと誌面に復活した一味は、
自分たちだって、どうすんだよコレ。 みたいな状況も少なくなかったのに、
戻って来るなり、ひとり残らず、船長を心配していました。



みんなの、優しい気持ち。 人を思う、尊くてきれいな心。



は、2年たっても、なにひとつ、変わっていませんでした。





ワンピースの第596話は、「 SPECTRUM 」 というタイトルで、
難しくてどういう意味なのか、いまいちピンときていなかった私ですが、

ハバキさんとこのコメンテーターさんが、

「 分光という意味ですね。 分かれて光る。
  今のルフィ達の状態を指しているのではないでしょうか。 」


と、教えてくれて、それをハバキさんが、


「 今は別々に散っている仲間たちも、いずれ再び集う 」


って意味にもとれなくないねって、 ステキな解釈をつけてくれているのを見て、
すっかりこのタイトルが、好きになってしまいました。




スペクトラム、は、 離れた場所でキラキラと光る 9つの光。


9人が9人とも、おんなじように持っている、まっすぐな心。

優しくて強く、あたたかな気持ち。



もう明後日には、この9つの光が一箇所に集まって、
太陽のようにまばゆく輝く風景を、見ることができます。 (たぶん)




ルフィ、ゾロ、サンジ。 あのときは、くやしかったでしょ。

ナミ、ウソップ、ロビン。 こわくて、悲しかったよね。

チョッパー、フランキー、ブルック。 本当に、がんばったのにね。


だけど、悔しさも悲しさも失意も、
大切な誰かのために、って、おんなじような気持ちで踏ん張って、
一回りも二回りも大きくなった仲間たちが、

もうすぐそこに待ってるよ。


会いたいでしょう、早く。
会いたいよね、ホントに ( 私もです♪ )




一味崩壊から2年、再び集結する一味たちは、それだけでもうれしいけれど、
もしもうひとつだけ、欲張ってもいいのなら



もう負けないで、誰にも。



なんて、言っちゃってみたいです。


だってもう二度と、離ればなれになった一味の姿は、見たくないから。



だから、がんばれ。 もっともっと、強くなれ。 大きくなれ。

( あと、誰も死ぬな )


出航時には私のこの願いも、
サニー号の隅っこに、積んでいってくれるといいなと思います♪



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://111156.blog134.fc2.com/tb.php/25-cdb0f735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。