プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンピース展に行ってきました・その2 (スリラーバークから、インペルダウンまで)
ワンピース展に行ってまいりました♪

今日はその2を書きます♪


★ その1はコチラ↓
http://111156.blog134.fc2.com/blog-entry-102.html



ただいま、この順路通りに書いております~↓

http://onepiece-ten.com/info/info.html





④ スリラーバークに浮かぶ影

ブラックライトで紫ぴんくに、ぽやーんとアヤシク浮かび上がる、
ドクトル・ホグバッグの食堂です。


参考お写真コチラ↓

http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6386.jpg


ちょっと立ち止まって見ていると、
ネガティブホロウたちがすーっと浮かんでは消えたりします♪

でも私、おばけ屋敷みたくにもっと派手に、
びっくりドキドキな仕掛けがあるのかなーって期待していたもので、
あ、それだけなのかーって肩すかしでした~滞在時間、たぶん20秒くらい(^_^;





⑤ 女ヶ島、魅惑のトリック

参考お写真コチラ↓

http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6390.jpg

http://japan.cnet.com/storage/2012/03/19/1267a0b44a287a3b92211538474000d8/120319_onepiece_04.jpg


なまめかしいぴんくな照明の小部屋の奥に、ハンコックちゃんがいらしゃいまして、
正面に立つと、メロメロメロウな攻撃をいただいてしまう仕掛けです。
(私のときは係の方が、「片目をつぶって見ろ」と言ってました~)

トリックアートというものらしく、
せまってくるハート光線は確かに、おお、とか思ったです♪

(でも…ただそれだけなんだよね…。文句ばかりいうとかよくないと思って小さな字で書いてみた笑)

幸い私は石化を免れましたので、10秒ほどでここは退散させていただきました(^^)





⑥ インペルダウンの悪夢

このエリアには、3つのセットがありました♪

ひとつめは、「捕らわれのエース」

参考画像コチラ↓

http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6405.jpg

http://japan.cnet.com/storage/2012/03/19/6096a3257eaa243a1b25bb4d47a51d23/120319_onepiece_06.jpg


エースが幽閉されていた、Lv.6の牢獄を、実物大で再現しているセットだそうです。

実物大…と言われて、しみじみと見てみたですが、
私の脳内にあったイメージよりも、意外に狭い。

けどもこのエースは、本当によくできていましたよ♪
フィギュアなども含めて、今まで見てきたどのエースよりもかっこよかったです~
大変にハンサムでイイ男でした、近くで見られてうれしかった(*^_^*)


けどもねえ、鉄環はめられて、自由を奪われてるエースって、
あんまりすきじゃないですよ、痛々しいじゃないですか。

せっかくこんな立派なの作るならなあ…って、ちょと悲しく見ていましたら、
近くにいた若いお兄ちゃんたちがね、

 「 助けてやりてえな 」
 「 うん、助けてやりたい 」

って会話をされていて、
もちろんこんな場所にいらしゃるのですから、エースのこの後のことを知らないはずがなく、
彼らもやっぱりおんなじように、
エースをいたましく感じていらしゃるのだなあって思ったら、
ちょっぴりじわんときてしまったでした。




でもって、もうひとつのセットは、モニター室にあるモニター画面。

参考お写真コチラ↓

http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6397.jpg

http://japan.cnet.com/storage/2012/03/19/0361f43c11165afaf9fcfd041f0e2139/120319_onepiece_05.jpg

ずらっと並んだ30個以上のモニターの中、
ボンちゃんやバギーたちといっしょにエース救出を目指して走り回ったり、
戦ったりしていたいろんなシーン、映し出されてます。

(でもそれだけなんだよね…モニターいじって画面変わったり動いたりしたら楽しかったのに…小声笑)


ボンちゃんやバギーといるシーンは楽しいよね。

ルフィがドクドクでだいぶんやられちゃってるシーンとか、
ちょと胸が痛かったでした。




最後は、インペルダウンの中にこっそりと作られた、ニューカマーランド。

参考お写真↓

http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6436.jpg

↑コレ見ても、何がなんだかわからないかもしれないが…(^_^;


石壁の間のすきまから中をのぞくと、
大いに盛り上がっているおかまちゃんたちの様子がうかがえるというものです♪

でもって、「なんだそれだけかあ…」って思っているところへ突然、
大きなお顔のあの方が、すーっと目の前を横切ったりするものですから、
こちらは少々ドッキリ感が楽しかったですw

もし行かれる方は、のぞいて何事もなくてもしばらくは、
そのまま待ってみてくださいね(^_^)b





さてさてこの先はさらに、盛り上がってくるコーナーになるわけですが、
今回書いたようなお遊びコーナーではなくて、
ちょっぴりシリアスコーナーとなりますため、
またまたここで1回、お話を止めさせてくださいね(^_^)b

(決して、ねむくってたまらないからではありません~ねむたいけど笑)

毎日更新エライですよね、でも次回はシリアスなので、
少々時間がかかってしまうかもしれないです~
がんばりますので、また続きを見にいらしてくださいね♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

ワンピース展に行ってきました・その1 (入り口から、パノラマシアターまで)
ワンピース展に行ってまいりました♪


文字通りウソ偽りなく、魂が震えるイベントでした。

今まで行ったどんなイベントとも、比べ物にならないくらいによかったです。


15年分の、65巻分の感動がぎゅぎゅって詰まってました。

ぼろぼろ泣いてきた。

ちょっと笑ってきた。

だいすきなわんぴの全部がある世界でした。



なので本当は、頑張れば行くことできる距離にある方は、
ぜひとも体感してきてほしいな、って思うです。

ワンピース展HPはコチラね♪ ↓
http://onepiece-ten.com/?top


けども、やっぱりどうしたって無理な方もいらしゃるでしょうから、
こんな感じでしたよ、っていうのを、書き留めておこうかなーって思いました(^^)

(もちろん、自分のメモリーのためでもあります♪)




ではまず、こちらをご覧ください↓

http://onepiece-ten.com/info/info.html

この順路通りに書いていこうと思うです♪




① ROMANCE DAWN 冒険の夜明け

入場するとまず、この風景に出会います↓
http://onepiece-ten.com/mt-static/onepiece/images/info/d1.jpg

(場内撮影禁止だったので、今日は片っ端から参考になりそうなお写真リンクを。
 携帯でご覧の方、うまく見えると良いのですが~(>_<。))

サニー号のマストと、地上52階からの雄大なパノラマ風景。ステキですね♪


その先には、壁いっぱいにいろいろな海賊旗のマークも。↓
http://natalie.mu/media/comic/1203/onpieceten/extra/news_large_IMG_6378.jpg

よちえさんは案の定、半分くらいしかわからなかったので、特に感想はありません(笑)




② 集結する、歴代賞金首たち

参考画像コチラ↓

http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/66380/image_id/118420

http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/66380/image_id/118434


レンガ風の壁に、いーっぱいの手配書です。

その数、およそ80~100枚(たぶん)

麦わらの一味、赤髪・白ひげ・黒ひげ海賊団。

ルーキーズに七武海などの大物さんたちはもちろんのこと、

え? この方達にも手配書あったの? 的な少額海賊さんたちがいたり、

単行本派さんたちがまだ出会っていない、最新の海賊さんたちのものまであって、
ひとつひとつ見ていくこと、すごく面白かったです♪

シャンクスとか白ひげとかレイリーさんとか、
賞金額が知りたいよーって方たちのものはなぜか、
不自然に数字の部分が破れてたり隠れてたりしますくそう(笑)

けども、エースの金額は公開されておりますよ~
上のリンク先でご覧になれますので、興味のある方はぜひどうぞ(^_^)b




③ 冒険パノラマシアター

ここね、行った方は口を揃えて「いちばんよかった♪」て言うコーナーです。


参考お写真コチラ♪↓

http://www.famitsu.com/images/000/011/761/l_4f1fe7328e82f.jpg

このコーナーだけなぜか、臨場感あふれるリアルなお写真なくて、
うまく伝わるかわからないのですけども、
おーーっきな画面から、次々と名シーンのコマが飛び出してくる感じです。

一度に複数のコマが登場したり、ひとつのシーンが大きく浮かんでは消えたりする演出は、
3Dアニメーションみたいにも感じます。

出てくるコマは特に時系列もなく、ストーリーはあるようなないような感じですが、
私は全体から、こんなふうなイメージを受けました。
(コレ、1回しか見せてもらえないものなのでちょっとうろ覚え。あくまでもイメージと言うことで)


観客の自分たちは、一味といっしょにサニー号に乗り込んで、冒険の海へと漕ぎ出します。

グランドライン入りの、スピーディでスリリングな体験を経て見るのは、
訪れてきた島々の懐かしい風景。そして出会ってきた人々の笑顔。
もちろん、厳しい戦いの風景もありました。


つらく悲しい一味の過去ストーリー。
そして胸を打つ、それぞれの名シーンなどもひとりひとり、映し出されます。


―― この帽子を、お前に預ける

ちっちゃなルフィに、シャンクスが麦わらをかぶせるシーン。


三大将が、七武海の面々が、たっくさんの海賊船が、
大きな画面いっぱいに映し出されます。

一味を取り巻く世界が、どんどんと大きくなっていくのを感じます。


―― ”新しい時代”に懸けてきた

―― これから始まるのだよ 彼らの時代は……!!


シャンクスとレイリーさんのあの台詞。

そして黒ひげの、


―― 人の夢は!! 終わらねェ!!!


このシーンが、すごく印象に残りました。




ワンピースを読むということは、ルフィたちといっしょに旅をすること。

というふうに、よく私は思うのですけれども。

ほんの5分か10分程度の短い時間。
脈絡もなく切れ切れの、原作のコマやシーンが浮かんでは消えるだけのものだったけれど、
確かにこのシアターで私たちは一瞬のうちに、65巻分の旅をしました。
(タイムマシンのような、劇的なスピードで)

そうしてその一瞬の間に、65巻分の、15年分の感動のすべてが、
後から後からとめどなく、花開くように波が押し寄せるように、
胸いっぱいにあふれてはこぼれおちるようでした。

けれどとうてい冷静ではいられないような感情の渦の中、確かに感じていたことは、
未来へ、もっと大きな舞台へ、はてしない高みへと、
押し上げられていく一味と私たちの姿。

そしてその眩しい場所に向けてこれからもずっと、
ルフィたちと共に歩いてゆくのだと、そんな約束をさせられたような気がしました。



本当に、よかったです。 この冒険シアター。


感覚的な説明になってしまって、うまくお伝えすることができたかわからないけども、
もしもまだ、何とかしてあの場所へ行ける可能性のある方がいらしたら、
ぜひとも体感してきてください。  こころの底から、そう思います。





さてワンピース展、
この先にもまだまだいろいろな冒険が待っているのですけども、
それはまた近いうちに、別稿にて書かせてくださいね♪

とりあえずここまでお読みいただきまして、本当にありがとうございました(^^)


関連記事

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。