プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【100年ゾロ誕】 ONEPIECE 第1巻 「ROMANCE DAWN ― 冒険の夜明け ―」 その4
100年一度のぞろ目誕企画。( 趣旨はコチラに♪


1巻の続きです。 ( 気づけば毎日どころか、いつものペースの更新なってた … スミマセン …。 )


 * 1巻の感想・その1はコチラ♪

 *       その2はコチラ♪

 *       その3はコチラ♪



今日はゾロとルフィのシーンについて書きます♪ ( あーここ、いっちばんやりたかったんだ~えへ♪ )



ゾロとルフィの出会いは海軍基地。

片や磔、片やちっちゃいこみたいに塀からぶら下がっている風景です。


だいすきなゾロ。

そして私の中では、神とも聖域ともいえる大切なルフィ。


初めての出会いは、はりつけとぶらさがり、です。


……………………。




気を取り直して、初めての会話を見てみましょう。


「 おい お前 」 

「 ん? 」 

「 ちょっとこっち来て この縄ほどいてくれねェか 」 

「 おい あいつ笑ってるぞ 」 


話かみあってない(笑)


だいすきな王様ふたりの出会いは、運命を感じさせるような、ドラマチックなものではありませんでした。

現実を突きつけられると、改めて愕然とする思いがありますが、
しかしワンピースというのは、そういうマンガなのですよね。

このへん思うところアリなのですが、いつかまとめて書きます、先に進みましょう。



※余談なのですがこのシーン。
 約束を守る男ゾロが、メッポくんとの約束を破ろうとしている件たいへん気にかかり、
 いったいどうゆうことなんだと、半日も考え込んでしまったです。

 近くでコビーがきゃあきゃあ言ってるから、
 ちょと脅かしてやろうかというさわやかな冗談かとも思いましたが、
 あんがい縄をほどいて外出し、お食事や海賊狩りなどされてからまた、
 「 元通りに縛り直せ 」 ( ←律儀 ) という作戦なのかもしれない。

 とか考えたら、すっごい楽しいキモチになったので、ここに記しておきますね(笑)
 



さて大きなおにぎり持って、まだ小さなリカちゃんが登場。

自分は2年後リカちゃんを見てからというもの、
ゾロのお嫁さんはリカちゃんと決めているものですから、
もうこのへんのリカちゃんとか、かわゆくていじらしくて、たまらないものがあります。
( ゾロリカ妄想の一部、このへんの記事にて披露しています~あー今見直しても悶えるかわゆす♪ )


メッポにおにぎりぐちゃってされて泣くリカちゃん。
メッポに命令されて塀の外まで、投げ飛ばされてしまうリカちゃん。

この数ページ、不審に思うほどにゾロの表情も声も、いっさい登場していません。

「 これではゾロがどう思ったのかわからない 」
と思ったのは私ですが、
リカちゃんを受け止めた後、一瞬、意味深な表情をしてみせたルフィ。
磔場へと足を運びます。



「 おれは今 一緒に海賊になる仲間を探してるんだ 」 

「 自分から悪党になり下がろうってのか 御苦労なこって… 」 

「 おれの意志だ! 海賊になりたくて何が悪い!! 」 


初めてのまともな会話は、いきなり何だか火花バチバチ。

ここらへんのゾロ、ちょと面白いなあと思っているのですね。

ルフィの初めての仲間。 ゾロとナミちゃん。
ふたりがふたりとも、海賊とか、あまり好きではないのですね。

ナミちゃんの海賊嫌いの理由は、かわいそうなくらいにわかりやすいものだけど、
ゾロ、なんでそんなに海賊こと、口汚く言うのかな。


海賊=悪い人、とか、言うまでもないことなんだろけども、
ルフィに次いで、常識とかあんまり関係なく、極めてフラットな感覚の持ち主なはずのゾロが、
非常に俗っぽい偏見持つとか、何かひっかかってしまうです。


で、例によって妄想してみました(笑)



たぶんゾロは、海賊狩りをやり始めてから、どんどん海賊が嫌いになっていったと思うです。

ゾロが海賊狩りになった経緯、何も書かれていないけど、
おそらくはこの町での出来事のように、気にくわないヤツがいて、
やっつけてみたらたまたま賞金首。
どなたか親切な方が、お金になるから届け出なさいとか、教えてくれたのだろうと思っているです。

それから始まった、ゾロの海賊狩り生活。
ゾロはどんな海賊さんに出会ったのかなあと想像します。

当然弱かったのでしょうゾロよりも。
しかし弱いというだけで、 「 外道 」 呼ばわりまではいかないかなあと思います。

人として、ゾロ的に許せないと思う行為、いっぱい見てしまったのかもしれません。
強いものにはこびへつらい逃げ隠れ、女子供やお年寄り、そういった弱い方たちにばかり向けられる暴力。
村を出たときは、まだいくぶん純真だったであろう彼がびっくりするほどに、
嘘や卑怯や裏切りや、そういうものを幾度も、経験してしまったのかもしれないです。

ゾロのプライド( 信念 )にかけても、ああはなりたくない、て、きっと何度も思ったのでしょう。
海賊さんを狩ることはゾロにとって、ある種の正義感だったのかもしれないです。





さてストーリーに戻りましょう。 ( 脇道ばかりにそれてスミマセン …。 )


リカちゃんがメッポくんにいじめられている間、1コマも登場しなかったゾロ。

その真意を確かめるように、はりつけられたゾロに近づくルフィ。


短い会話の間にルフィが知ったことは、ゾロが海賊嫌いだということだけではありません。


「 なにがなんでも生きのびて おれはおれのやりたい事を成し遂げる!!! 」 

「 ………  ふーん そうか 」 


↑この 3点リーダー×3 に、ルフィのちょっとした感動みたいなものを感じてしまうですよね。

ルフィが海へ出て最初に出会った子は、むりむりむり、をいっぱい言って、
なんとなくルフィに殴られてしまう人でした。

( ごめんねコビー。今は全然違うってこと、ちゃんと知ってるから大丈夫だよ♪ )

けどもゾロは、どう考えてもむりなこと、
何が何でも生き延びて、何がなんでも成し遂げるとか言うのです。

さすがのルフィもこの状況、むりむりむり、とか思った雰囲気するですが、
それでもこの、ゾロとコビーのきれいな対比。

きっと好意的なものを感じたに違いなく、さらにそれを大きな感動へと押し上げてくれたのはこのシーン。


OP1_zoro.jpg



私ね、ゾロのこと、 ” 優しい ” とか書かないようにしようと思っているですね。

なぜかということ、うまく言えないんだけどもなんていうか、
このありきたりに使い古された3文字で表現してしたらゾロの気持ち、
安っぽくてうそめいた、薄っぺらいものになってしまうような気がするです。

少なくともこのシーンのゾロには、この言葉は使いたくない。


リカちゃんがやってきて、追い返すようなことばかり言ったのはなぜなのか。

メッポがひどいことしてるとき、ひとことも発しなかったのはなぜなのか。


ゾロは自分の気持ち、抑えることに長けているひと。
またこまやかに、言葉で表現するとかむずかしいひと。

けども、何も感じていないわけではないのです。

秘めていた、もろもろの感情が爆発するように、ゾロは泥だらけのおにぎりを食べました。
どうしても伝えたかった、伝えずにはいられなかったたったひとつの気持ちを言づけるため。


 ―― ありがとう

 
って感じの気持ちを。




惚れますね。 これは惚れずにはいられないでしょうルフィとしても。


感謝とかごめんとか、言葉だけで伝えることが簡単で、普通のことだと思うです。

けれどそんな普通のこととかできなくて、
作ってもらったもの、ちゃんと食べてやらなきゃ気が済まなくて、
ホントにこのひと、不器用だなあとか思うです。

けども何よりも誠実で、きっちりと筋通す、ロロノア・ゾロというひとの本質が、
とてもステキに描かれていたシーンと思うです。

良いデビューだったと思います。 本当にゾロ、だいすきです。





1巻読んで、ゾロとルフィを語るコーナー、
何かこのペースでいくと、果てしもない長文になりそうなので、
ルフィがゾロを見初めたところ ( コレ、決定で良いですよね♪ )
で、いったん切らせてくださいね。

書きたいこと多すぎて、いっこうに最終回にならずにスミマセン ( でもがんばります♪ )



Ps.追記拍手コメレスですありがとうです(^^)

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

【100年ゾロ誕】 ONEPIECE 第1巻 「ROMANCE DAWN ― 冒険の夜明け ―」 その3
100年一度のぞろ目誕企画。( 趣旨はコチラに♪


1巻の続きです。 今日はまじめなお話書きます(^_^;


 * 1巻の感想・その1はコチラ♪

 *       その2はコチラ♪




ゾロの過去編について書きます。

ゾロの過去編はぜんぶで7ページ。大変に短いです。



まずはストーリーに沿って見ていきますね。


過去編のスタートは、
ゾロがくいなちゃんに、2000回目の負けを喫したところから。


2000回とか、スゴイ数字ですよねコレ。

1日1回の勝負を挑んだとしても、5年以上かかる計算になってしまうので、
きっと1日に2回も3回も…もしかしたら10回も20回も、勝負を挑んでいたのかもしれません。
( うう … 子ゾロ、ちょとうざいこかも…(-_-;) )




2000敗目を喫したゾロに、くいなちゃんはこう言います。

「 相変わらず弱いわね …… 男のくせに!! 」


それを聞いたゾロの同輩ちびっこたちが、
怒って抗議しまくる件、なんかいいなあと思うです。


だってこんなちびの頃から、ゾロの頭の中には剣ばかり。 強く強くとそればかり。

とても同じくらいの子供たちと、小さな友情を育むとか、そんな感じには見えません。


なのに怒ってくれるのは、きっとゾロ、みんなの憧れだったのだろうなあと思うです。

年も体の大きさも、自分たちと変わらないのにあいつだけすげえ。
みんなが遊んでいるときも、あいつだけが頑張ってた。

そうやってちゃんと見てもらえてて、認めてもらって、尊敬とか、されていた。


並の友情とかはなかったかもしれないけども、
ゆったりとあたたかだったゾロの少年時代とか、垣間見えるような気がするです。

肉親とかの話はまだ出てこないけどここは、
紛れもなくゾロのふるさとであるのだろうなあと、そんな想像までしてしまうほどに。




さて2000回目の負けとかいう偉業を成し遂げたゾロ。

くそうと竹刀を投げつけこう叫びます。

「 おれは将来海へ出て 世界一強い剣豪になるんだから
  今からあんな奴に敗けてるわけにはいかねえんだよ!!! 」

面白いですよね、こんなちびっこなのに、
言うことはまるで、大きくなったゾロそのままです。
これと似たような台詞、この後私たち、何回も聞いています。

本当にゾロは、小さい頃からまっすぐに、ただひたすらにまっすぐに、
てっぺんだけを見つめてきたんだなあってこと、
今さらながらしみじみと、感じ入ってしまうです。



けれどまだまだちびっこのゾロ。

負けて負け続けてくやしさのあまり、
くいなちゃんに、真剣での勝負を迫ります。

真剣で、つまり命がけで挑めば勝てるとか思ったのかなゾロ。
剣のためなら、勝負のためならかんたんに命をかけてしまうところとか、
やっぱりゾロだなあとか思うです。


しかし命がけの勝負にもあっさり負けて、ゾロは泣きます。

( この、ちくしょうくやしいと泣くシーン、ミホ様に負けた後のゾロをほうふつとさせますよねー )


そして涙が引っ込んだゾロに、勝者くいながかけるのはこんな言葉。

「 本当はさ … くやしいのは私の方 」


自分は女の子だから、やがてはどんどんと男の子達に追い抜かれてしまう。
それがとってもくやしいと、今度はくいなちゃんが泣いてしまいます。


私ね、今回は本当に初めてと言っていいくらいにこの過去編のこと、
徹底的に考え考え読み込んでみたのですけども、
このくいなちゃんという女の子、
剣にかける魂が、ゾロとまるっきり近い場所にいるみたいなのですね。

過去編のお話の中でもそうですけども、
サボがドラゴンに助けられたとき、このシモツキ村に立ち寄るシーンがありましたよね。

あのとき、他のお友達が海賊船にキャッキャしてる中、
脇目もふらずに修行をしているゾロのこと、だいぶん印象に残ったけども、
実はあのときくいなちゃんも、ひとり修行に打ち込んでいたですよね。

「ゾロの頭の中には剣ばかり。 強く強くとそればかり。」

って、この稿の冒頭で私、書いたのですけども、
おそらくくいなちゃんの頭の中も、まったく同じなんだろうなあと思うです。

毎日が剣のことばかり。 今より強く、もっと強くとそればかり。



だから、

「 私だって世界一強くなりたいよ!! 」

って台詞のところで、ちょっと泣きそうになってしまったです。


誰にでも、どうしてもどうしても、口に出せない思いを抱えてしまった経験て、あるですよね。
誰かに言いたくて、でもためらわれて苦しくて。

この小さな女の子が、たったひとりで抱えてきた、寂しさやむなしさ。
それをやっとやっと、表に出すことができた場面。

ここいいなあって、思うですよね。

ちびっこふたりが交互に泣いて、
ライバルで、つんつんとがった関係だったふたりの心が、
それぞれにホントの部分、見せ合っていくシーンです。

できたてほかほかの友情とか、感じてしまうですよね。




さてこの後ゾロが怒って、
きっと将来、どちらかが世界一の剣豪になるのだと、
どっちが早くなれるか競争しようというシーンになるのですが、
もうここらへんから読んでる私が、そうとうにきつい。(精神的に)


私ね、この過去編を通じて尾田先生が本当に言いたいことはなんだろうとか、
一生懸命考えていたですけども、
自分なりに感じ取った結論は、 「 孤独 」 の2文字だったのです。



くいなちゃんに勝つために、がむしゃらに頑張っていたゾロ。
負けてくやしい思いは山盛りだったかもしれないけども、
それでも 「 にくたらしいアイツ ( 目標 ) 」 がすぐそばにいるってこと、
いつでも勝負を挑める場所にいることは、決して孤独ではなかったんじゃないかと思われます。


憧れの人の、本当の姿を知った夜。

くそうくそうと思いながら修行をしてきたのは、自分ひとりではなかった。

だからこれからはまず、
自分はくいなに勝つために、そしてくいなは、女であるというハンディに勝つために、
いっしょに頑張っていくんだと、そしてきっと将来は、
どちらかが大剣豪になる。でも絶対に自分は負けないぞ頑張るんだって、
もしかしたら眠れないほどのわくわくとした興奮に、高揚感に
まるまると包まれた、しあわせな夜だったろうなあと思うです。



くいなちゃん。
が、あんなことにならなかったら。

きっとエースとルフィのように、
怒りながら笑いながら、共に高めあい、成長していったふたりだったろうなあと思います。
春も夏も秋も冬も、ふたりで竹刀をふるって、ただそれだけで幸福な毎日が待っていたはずなのに。


たった一晩で、散った夢。


ゾロ、すごくかわいそうでした。





ここからのゾロのこと、うまく説明できるか自信があまりないのです。
だけどよかったらいっしょに、想像してあげて欲しいです。



だいすきでだいすきで、一生懸命打ち込んできたことが、
ある日突然、もうできないと知らされたとき。

だいすきでだいすきで、ずっと一緒にいようねって言ってた人に、
ある日突然、別れを告げられてしまったとき。


なんか陳腐で、微妙に違う気もするけれど、
誓いをたてたあの夜から、ゾロの夢は、ひとりで見るものではなくなったのだと思うのです。

くいなちゃんとのあの夜さえなければ、
それまで通りに、無邪気にてっぺんを目指しているゾロだったと思うです。

けれど知ってしまったから、心を開き、認め合い、励まし合える誰かがいるという、その幸福を。



だからゾロは、くいなちゃんの刀をもらったんだなあって思うのです。

白鞘の刀は、共に夢を見るはずだったくいなちゃんの代わり。

またたったひとりで修行を続けることになった、ゾロの長い長い歳月。

白鞘の刀は、時にゾロを励まし、時にゾロを叱咤してくれたことでしょう。

何も言わない刀だけども、ゾロの頑張りを認め、成長を喜んでくれているように感じられること、
きっとあったと思うのです。



でもね、刀は刀でしかないと、こんなこと言うのはイヤだけどでもやっぱり、そう思うのです。

だって成長したゾロはどこかで、気がついているはずなのです。
自分はもう、あのときのくいなちゃんを超えてしまっていることに。



「 目標 」 も、 「 同じ夢を見る仲間 」 をも失ってしまったゾロの心の穴は、いつまでもあいたまま。
ゾロのように、夢、というものが人生の大部分をしめる人にとっては、
決して小さな穴ではなかっただろうと思うです。

コーシロー先生が、道場のみんなが、あたたかくゾロを見守り、応援してくれたとしても、
ヨサジョニたちがゾロの実力、心からすげえすげえと尊敬してくれたとしても、
決して埋められることのなかったその喪失感。

それは強くなればなるほどに、孤独というものに近くなっていったのではないかと思うです。
高みに昇れば昇るほどに、ひとりになっていったのではないかと思うです。

腰にくいなちゃんの刀をさげていても、
自分の中ではどんどんと、夢をかなえる日が近づいたように思えたとしても、
それでも足りないように思えたそのピース。



ゾロ、あんたルフィに出会えてよかったね。



過去編読んで、いっぱいいっぱい考えて、
それからもっかい1巻読んで、最終的に私が感じた言葉はコレでした。


ゾロ、ルフィに会えてよかったね。


ゾロを愛する皆様には、この言葉だけでもう、説明とかいらないかなと思うから、
過去編の話はこれでおしまいです。


ゾロ、ルフィに会えてよかったね。


次回1巻感想最終回。
ここで伝えきれなかったこと、補足できるようにがんばります。


関連記事

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。