プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE PIECE 第615話 「マトマトの呪い 」 - 【 ハチの男気 】
新しいおジャンプを読んだ後、息子たちに
「今週のわんぴ、どうだった?」
って、聞くのが好きなのです。 小中学生男子のファン心理に、大変興味があるのです。

なにぶん、思春期まっさかりな少年たちなので、単語しか返ってこないのが常なのですが、
今週のちびたち感想は、

兄 「 ジンベエ 」
弟 「 ジンベエ 」

兄弟揃って、今週のわんぴはジンベエだったと言っています ( え、そうだったかな・笑 )

ジンベエさんが登場したのがよっぽどうれしかったのか、
それともジンベエ登場の1シーンしか、印象に残らなかったのか、
非常に興味深い回答をいただき、おかしくてたまらない母でした~オモシロイですよね、子供って♪




・世界の甲板から 

なんと今週は、コルボ山の皆さんが登場です。
「 世界の甲板から 」 は、スクープ映像シリーズじゃなくて、
一味復活! の新聞を見た、懐かしの誰かの反応を見せてくれるヤツなのですね。

「 懐かしの故郷 」 シリーズに、コルボ山の皆さんが加わってくること、
そっか、そうだよなあ~~って、大変うれしかったです。


最初に見たときは、「 うーん、何かどこかで見たようなシリーズ 」 って思ったけど、
よく考えたら故郷の皆さんはルフィたちの2年間、
何もわからずただ心配されていたですよね。

生きているとは信じてくれていたのでしょうが、あのニュース、
どんだけホッとして、どんだけうれしかっただろうなあって思ったら、ちょっと泣きそうになりました。

広告文でよく見えないけどダダンたら、切り抜きスクラップとか、作ってるみたい。
なんだかんだ言ってもお母さんって、こうゆうことしちゃうモンだよねえ~、とか、
じーん、がいっぱいの扉絵でした♪




・海賊だもんね 

「 ガタガタ言うな!! やっちまったモンはしょうがねェだろ!! 」

サンジくん、アナタモデスカ … (笑)

麦わらの一味、魚人島で 「 やっちまったモンはしょうがねェ 」 を連発中です。
このぶんだとフランキーもどこかで、しょうがねェくなってるかもしれません(笑)


先週、ハバキさんが書かれていた、

かたやプリンセスの誘拐。 かたや国王の拿捕。
狂賊麦わらの一味、完全復活!
狂賊麦わらの一味、ここにあり!


とかゆうアオリでだいぶん笑ってきたですが
( 笑い逃げ、スミマセン …… でも今回もそうとうにおかしかったです・笑 )
こんなに揃いも揃って考えナシな件、おかしくてたまりません。

何か先週私、一味の未来について、やけに美しげなること書いちゃったけど、
海賊の王様ですものね、ヒーローヒーローして王座に着くのは変ですよね。

気づけば常識組の子たちまで、無茶苦茶組に加わっている件、
海賊度アップな一味たちなんだなあなんて、感慨深く思うのでした♪





・サンジくん 

このコマのサンジくんが好きでした♪ ↓

615_sanji.jpg

何か、以前のサンジくんみたいで可愛かったから … ♪

ってとこだけじゃなく、なんてゆうか、すっぴんのサンジくん、みたいな感じがしたのですー。

女尊男卑が激しくて、人魚ちゃんをえろい目で見て死にたい(笑)
とかゆうサンジくんも、それなりにサンジくんの真実なんだと思うのだけど、
そいでも彼の中にはちゃんと、ルフィやゾロや、みんなと同じような、
人としてまっすぐな心が隠れてる。

えろだったりカッコつけだったり意地っ張りだったり、
いっぱいのフィルターに囲まれてる彼だけど、
ハチのひどい姿を見て、思わずこんな顔をしてしまう彼に、
はからずもぐっときてしまった私なのでした。


いいぞサンジ … だんだん人間に戻ってきてる … ( だってずっと、初めて文明に触れた未開の星の人みたいだったもん・笑 )






・ゾロ 

0 → 0 → 0 → (途中略) → 14!

コレ、ゾロの出演コマ数の推移です。( シルエットのみ、吹き出しのみの出演も含む )


ホントにお祭りだったんだな、先週号って ……

どんと上がった花火の、かすかな残り火を見るような思いでながめた今週号。
0じゃなくて良かったね、と、思うべきなのでしょうが、
15ページ中14コマも出されても、これはこれで精神的に良くないものがありました。
( イヤうれしかったですよ~うれしすぎて血管とか血圧とかに影響が出ると … まあ、そんな感じ・笑 )

お忙しいところホントに申し訳ないけども、週に5~7コマくらいで良いので、
平均的に出していただけませんでしょうか … とか、尾田先生に懇願したい気持ちがいっぱいです …



やけに美人だった、今週のゾロ↓

615_zoro.jpg

「 敵襲か … どうしろってんだ ……… 」
「 斬ろう 」

ゾロっぽいこのふたことを繰り返し胸にリピートさせながら、来週を待ちたいと思います … サビシイ …。





・ハチ 

私にとっての今週号は、なんといっても、ハチでした。


まだ全然怪我の癒えないからだをおして、ホーディたちを説得にあらわれたハチ。

「 バカなマネはやめろ!! 」

なんて言葉は少しも届かず、よってたかって馬鹿にされ、反論されて。
それでも踏みとどまって、必死に言葉を募らせるハチ。


ケイミーもパッパグも出てきたのに、はっちゃん、なかなか出てこないなあ。

って、不思議に思っていたその理由は、

命の恩人でもあるルフィたちに、

「 すぐに会いに行きてェけど!! 」

そうしなかったその理由は、

615_hati.jpg

「 アーロンの意志がここに生きてる限り、おれはあいつらに合わせる顔がねェ!!! 」



私、何度見てもこのコマで、泣きそうになったですよね。

ばかなハチ …… あんたの言葉がコイツらに届くと、本気で思ったの?
必死に訴えかければ、心が動くかもと思ったのかな … 人のいいハチ …


くやしくて、かわいそうで、ふと、
ただ魚人だというだけで命を奪われそうになった、
シャボンディでのシーンを、思い出しました。


撃たれてくやしく悲しかったのは、自分のほうなはずなのに、
世界貴族に向かうルフィを、必死に止めようとしたハチ。

こうなることはわかってたけど、それでも、ちょっとでもナミに、罪滅ぼしがしたかった。
なのに、かえって迷惑かけてごめんって、泣きながら謝っていたハチ。


あのときも私、くやしくてくやしくてならなかったけど、
今週、「 腰抜け野郎 」 と、ののしられ、たくさんの矢に追いかけられるハチを見て、
やっぱり同じような気持ちになったです。

くやしくて、くそうくそうくそう、って思いました。
なぜハチばかり、こんなひどい目に遭うんだろうと思い、かわいそうでなりませんでした。

あそこで差別され、撃たれたのはハチなのに、
おまえらに何がわかって、そんなことをするんだよ、って思いました。


それから、
そんなことしなくたって、魚人島がどうだって、
ルフィたちがハチを見る目に、少しも変わりはないはずなのに、
なんでなんで、そんな無謀をやっちゃったんだよ、って、思いました。
ばかばかばか、ハチのばか、って、思いました。



だから、ハチの気持ちを、一生懸命考えた。

アーロンについて島を出たときのハチ。
たぶん気持ちの温度は、アーロンと同じではなかったように思います。
ヒットラーに踊らされた大衆のごとく、
事の善否も考えず、沸き立つ気持ちのままに彼を信じて、従っただけではないかと思われました。

「 だけど、アーロンさんは負けた!!! 」

アーロンの敗北で初めて彼は、アーロンの言葉が、
真実でも正義でもなかったことに、気づいたのではないかと思うです。
海賊稼業には戻らず、たこ焼きやさんになったこと、
彼の気持ちの変遷を、如実に物語っているようでなりません。


ナミに許され、ルフィたちに救われたこと。
自分のために、世界貴族を傷つけたこと。
海軍がやってきて、一味がバラバラになったこと。

ハチの中に積もってゆくのは、彼らに対する負い目。
そして心からの感謝と、友情という名の愛情ではなかったかと思います。


だから今、2年ぶりに集合し、ここまでやってきた彼たちを
愚かな思想で傷つけようとする同胞がいることが、
どうしても許せなかった彼なのだなあと思うです。

アーロンと一緒に差別思想を植え付けた、責任というものも、感じていたかもしれません。

ハチの目には、かつてのアーロンパークと同じように、
愛すべき故郷が、がらがらと音を立てて崩れていく様が、見えていたかもしれないです。


本当は一刻も早く、ルフィたちの顔を見て、
変わらぬ姿を確かめたかったけど、 会いたかったけど、
それでもどうしても、 どうしたってここへ来て、
彼らを止めずにはいられなかった。

ムダなことかもしれないけども、無理なことかもしれないけども、
それでもどうしてもどうしても、そうせずにはいられない感情。

たぶんそれが、 「 男気 」 ってヤツなのかなあ、とか、思いました。

殺伐とした海賊稼業を捨て、平和な暮らしを選んだ彼が、
人生で初めて、自らの意志で立ち上がり、挑んだ戦い。

それが、今回のハチの姿だったように思われました。



結果的には、無様に、みじめにやられることになっちゃったけど私、
今回の彼が、今まで見た姿の中で、いちばんにカッコイイ彼だと思いました。

ホントにホントにがんばったねはっちゃん、 えらかった、かっこよかったよ、って、
内心言葉を、かけてあげずにはいられなくなったです。

だけど、やっぱり彼がかわいそうで、だから、
いつかハチの仇は、ルフィたちが討ってくれるのかもしれないけど、でもその前に、
せめて一太刀、1シーンだけでも良いからはっちゃんに、
一矢報いる、かっこいい姿をやらせてあげて欲しいなあ、なんて、そんなふうにも思うのでした。





姫が10年間、どうしても行きたかった場所。
「 海の森 」 が、王妃様のお墓のある場所だったこと。

( ぎんこさま、ドンピシャ大当たりでしたね~びっくりしちゃった … 予言者?・笑 )


ここでもまた、姫の気持ちを思って、ぐぐっと来てしまった私なのですが、
それからまた、10年前の事件ってなんだろうって、興味が引かれてならないですが、
今週はここまでに。 ( ハチ語り、やりすぎちゃった、ゴメンナサイ )



でも最後に、ホントにホントにうれしかったこの1コマ、ぺたりと貼っておきますね~

615_jinbee.jpg

ついについに、ジンベエ登場!!

この混沌とした情勢を変えてくれるのは、きっときっと彼なのでしょう。
ちびたちが、今週のわんぴは 「 ジンベエ 」 だって言ってた件、
ホントはなんとなーく、わかってしまう母でした♪



WJ 感想 12号
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

ONE PIECE 第614話 「やっちまったモンはしょうがねェ 」 - 【 副船長ゾロ 】
ゴメンナサイ。

本日はまず、謝らなければいけません。
今週のおジャンプ、10回読んでも20回読んでも、いっこうに冷静になれません。

次にご案内です。

本日記事後半にて、『 ゾロ祭り 』 開催予定です。

別に祭るような内容でもなかったですが、
禁断症状的なもの、祭り囃子で着火され、
今週の 「 ゾロしゃべる ・ ゾロ怒る ・ ゾロいばる 」 におきまして、
大きく燃え広がった感があります~いつもゾロゾロ、ホントにスミマセン。

考えたことも、いっぱいあります。
まじめもありますので、よかったらぜひ、先にお進みくださいね(^_^)b





・世界の甲板から 

Vol.2 は、フーシャ村の風景でした。

マキノさんが赤ちゃんを抱っこしています。
村長さんは怒っていて、村の皆様はお喜びです。

よそんちの赤ちゃんを抱いているのか、それとも本当にマキノさんの赤ちゃんなのか。

マキノさんの頭上に
” やっちまったモンはしょうがねェ ”
なんてタイトルが踊っているものですから、
なるほどマキノさんは今流行のシングルマザー( 未婚出産 )に …

とか、勝手に思っている私です~まあ、結婚は良い面悪い面ありますけども、
私、" 子供はいてよかったなあ♪ " って思っている人なので、
やっぱりうれしく、楽しいことなんだと思って見てました(^^)

シングルは、大変なんだって、マキノさん。
でも村の皆様がこんなにお喜びなら、きっと助けていただけますね、がんばれ♪


『 世界の甲板から 』 は、写真週刊誌的スクープ映像が続くのかなあ?

来週はゾロんとこですね、
「 コーシロー先生が再婚!? 」 とかいう、おめでた話の予想しかつかない私なんですけども(^_^;
このシリーズ、すっごく楽しみになったです♪





・チョッパー 


ホチャー! ハイ!ハイ! ホワ~~~!!



ですってよ、奥様。  誰なんですか、コレ↓

614_chopper.jpg

チョッパー …… 可愛くねーぞ、この変身は ……… すごくおかしくて笑っちゃったけど(笑)


17歳のチョッパーに、ますますと変身ポイントが増えた件、よくわかりました。
いずれもあんまり可愛くないということも … (笑)


変化乱発はいいけども、こういうのはもっと、とっておきのシーンでやらなくて良いのだろうか。
いざっていうときにネタがなく、困ったりはしないだろうか。
お母さんは、しんぱいです。

そんでも、ガード力があがっただけじゃなくて、攻撃も強くなってるんだってことは、わかった。
ちょぱがあの怪物になっちゃうと、どうしても泣けてきちゃうので、
このぶんならアレ、もう見なくってもすむのかなあ、なんて思うと、
( まだ多少ドキドキしつつも ) ちょっとだけは、安心することができました(^^)


がんばったね、チョッパー。
何かもぐらっぽく見えて仕方ないんだけども(笑)
お城の兵隊さんを、ガンガンやっつけるちょぱを見ていたら、
先週のウソップたちとおんなじような、頼もしさを感じたよ♪

何かやっぱり泣けてきた …… どうにもこの子の頑張りには弱い母 …
ゾロが王様くい止めたって、涙の”な”の字もないのに、変ですね(^_^;




・全然ラブラブじゃないのに、ラブっぽく見えてしょうがない2人 

↑こんなこと、こんな太字で書いたら船長ファンに怒られる(琉羽さま、ゴメン~)
 と、思いつつ、今週ももうホントに、かわゆくてたまらない姫とルフィ♪


姫とルフィのシーン、気づくと断然、ルフィより姫ばかり見てしまう私なのですが、
今週のしらほしちゃん、いちばん好きなお顔はこれでした~

614_hime.jpg


行きたい場所を聞かれ、さんざん言いよどんだ上
やっとの勇気を振り絞り、願った場所は 『 海の森 』


姫ってさあ、ホントに良い子だなあと思うですよね、私。


「 こんな所に10年も閉じ篭もってたら、おれなら頭、おかしくなるよ 」

って、言ってたのはルフィなんだけど、私だってそうだよなあ、って思うです。

不平も不満も言わないで、二言目には 「 お城の皆様のご迷惑になるから 」 とか、
いじらしくってしょうがない。

「 勇気を振り絞りすぎたから 」 って姫は言うけど、
本当は、無意識のうちにガマンしてたこと、やっと解放できたから、
泣けちゃったんじゃないかなあと思うです。
そうゆうときって私たちも、あるですよねえー。



でもってまた、ラブラブな話に戻ることにするですが ( ああ、しんみり感が壊れてゆく…… )

「 何で行きてェ場所言うだけで泣くんだ!! 」
「 お…お怒りにならないで下さいよう~~ … 恐い … ルフィ様~~ 」
「 あ~~~ わかった 悪かったよ!! 」

なんかさあ、これって …… 痴話げんか?

私が大量に持っているラブラブなご本に、よくこんな会話が繰り広げられているですけども …
口げんかっぽいやりとりに見せながら、実はラブいちゃとかいう ……

ハンコックちゃんときは正直、独り相撲な感が多々あったですがコチラ、
「 ったく、しょうがねえなあ~ 」 とかぼやきつつ、
姫に優しいルフィがツボすぎます。


「 ――― 本当にわたくしを守ってくださるのですか? 」

なんて聞かれてこのシーン↓

614_hime-luffy.jpg


うっわ~~…… せ、船長 …… オトコマエすぎるぅぅぅ~~!!

言われてみたくないですか~女性読者な皆々様!!

「 ああ 任しとけ 大丈夫だ 」

なんて … 言われてみたいよ …… 好いた人にさあ … かっこよすぎるよルフィ~~!!

ひめのうれしそうなお顔もかわゆくて、一瞬、ゾロなことも忘れ、
遠い世界に行ってしまう私なのでした~
なんかもう、青い春なふたりですよねえ~可愛いったらありませんです~♪







★ ゾロ祭り ★ 

じゃー、ゾロのこと、書きますね。 祭りなので、思いっきり書きます。 書きますよ~ゴメンナサイ(笑)



・ゾロ言葉

今週は、扉を開けたらゾロ、いきなり怒ってました。

614_zoro.jpg

おーおー、キバむいちゃってぇ、ゾロォ~(好きだ)

私ゾロの語尾によくつく、「 がよ! 」 が、好きですよね。
他のメンバーも使わなくもないですが、やっぱりゾロ語尾だと思うですよね。

これ、「 つっただろうがよ! 」 を、「 つっただろうが。 」 で、止めると、急にサンジくんぽくなりますね。
口が悪いのはふたりともですが、ゾロは泥臭く、サンジくんはクールです。
しかしどちらとも、カッコイイことには変わりありません。


私、ゾロが発した台詞でいちばん多いのは、
「 ………… 」 ってやつなんじゃないかと思うのですね。
何か問題が起きたとき、たいていゾロ、腕なんか組んじゃって、
「 ………… 」 ってやってる人ですもんね。
↑こうゆうときのゾロ、何を考えているのか心情理解が難しく、時に切なくなるですが、
上のコマのゾロは、カラッとしてて良いですね。

「 バカ野郎 」 最高です。 「 バカ 」 で、止まってないところが特によい。
心の中のすべてを吐き出しきってる感じですがすがしく、若者らしいフレーズです。

「 共犯だ バカ野郎 」 ホントは自分の不利を知ってるくせに、力技でねじふせようという試み、
間違ってもディベートとかできない人と知ってるだけに、可愛くってたまりません。





・やっちまったモンはしょうがねェ

私、このコマも好きでしたよね↓(クリック拡大)

614.jpg

鎖でぐるぐるに縛られた王様の前で、言い争うゾロウソ。 嘆くナミ。 天を仰ぐブルック。

まるで宗教画のような構図。 秀逸だなあと、思うです。



「 やっちまったモンはしょうがねェじゃねェか!! ガタガタ言うな!!!」

最高です、ゾロ。
ゾロの生き様のすべてが、この台詞に集約されていると言っても過言ではないでしょう。
まさしくゾロは、「 やっちまったモンはしょうがねェ 」 と思い、
「 ガタガタ言わずに 」 ここまでやってきたのです。
( ちなみに海賊になってからは、「 やっちまったモンはしょうがねェ 」に、船長の言動も含まれるようになったぽい(^_^; )

なんという至言 … 尾田っちがこの言葉を今週のタイトルにお選びになったこと、思わず拍手を贈りたいような気分です。
ゾロ回にあまりにもふさわしい、ふさわしすぎるタイトルでありました。

(イカン、壊れてきてる…落ち着け、自分…)





・ゾロとウソップ

続くウソップの台詞も、たいへんにすばらしいものでありましたね。

「 魚人島に立ち寄ってうっかり 「 竜宮城 」 を ”占拠 ” って!!! どんな極悪海賊だよ!!! 」

私こんだけ、ゾロがいっぱい出ている回ともなれば、
初見時、本当に、何も覚えてないのです~ゾロのこと以外。
その他のこと、目に映っても脳に届かず、するする抜けてしまうのですが、
唯一、この突っ込みだけにはクスッと意識を奪われました。

この私から、ゾロ以外のことに目を留めさせるとは … さすがはウソップ。
一味随一の、名スナイパーだけのことはありますです~
19歳になってますます冴え渡る突っ込み、こちらも百発百中です(笑)


「 しょうがねェで済むか!!!  どんな極悪海賊だよ!!! 」
「 じゃあやられればよかったのか!? 」
「 頃合いで逃げようって何度も言ったろおれは!!! 」
「 逃げ方がわからねェ上に、ルフィがいねえじゃねェか!! 」

ちっ … またゾロのルフィバカが … とか思ったことはともかく、
珍しくも長いゾロとウソップの言い合い、まるで兄弟げんかのようで、大変微笑ましいものでありました(^^)

けんかと言えば断然、ゾロとサンジくんのことが思い出されるわけですが、
あちらはどちらも瞬間湯沸かし器のごとく、同じ温度にいきりたってる感がありまして、
でもこちらのけんかには、ほのほんわりと、甘えが見えたりしますよね~ 特にゾロ。

自分が悪かったって、わかってるくせに、
しょうもないこと言ってることも、たぶん気づいているくせに、
ウソップなら許される、みたいな ……


今回のゾロとウソップもそうですが、
サンジくんのウソップに対する態度にしても、
( えーと例えば空島で 「 ナミさんのためなら、お前が死んでもかまわない! 」 とか言っちゃったりとか)
どーもウソップが相手だとみんな、甘えがほの見えしちゃうのですね。

きっとこれ、ウソップの人の良さ、あったかさを、
一味の誰もが信じちゃってるからなんだろうなあ、なんて、
ウソップ贔屓の私、ついつい思ってしまうのでした♪

(あ、アレ? 気づけばウソップ語り…)





・懸賞金

先々週くらいから、やきもきしていた件に、回答が出たのです↓

614_zoro2.jpg

い … い …… いちおくろくせんまんだあああァ!?


ちょ … ちょっと待ってよ、王様~~それ、数字を読み違えてない?
ちゃんと老眼鏡かけて読んだですか~2億じゃないの? 3億6000万じゃないの?ホントに?


いやー私、先輩ブロガーの皆様が、絶対ゾロの懸賞金上がってる上がってるっておっしゃるもので、
もっのすごく大きな夢、見てたみたいなんですよね(-_-;)

上がったことは上がったけども、4000万かあ …


うん、わかってはいるのですけどもね。
あれだけのことしたルフィ、たった1億しか上がってないし。
そもそも、スポーツの記録なんかとたぶん同じで、
上に行けば行くほど、上がり幅は少ないんじゃないかな、とか、
懸賞金の額 = 強さ なんかじゃないってことも。

でも最低でも2億はいくモンだと思ってたからなあー私。
まさかこの4000万、ゾロの左目と関係あったりしないだろうな …
片目の代償が、たったの4000万ぽっちだったりしたら私、暴れますよ~ホントに~。



考えて、みたのです。 4000万という、この微妙な額のこと。

とりあえず、悪いことはしたのでしょう … たいした増額ではないように思うので、
それほどに大それた、残虐なことではなかったのだと信じます。

けども明らかに、世間様の目に付くところで、眉をひそめるような行いを …


はっ!! もしかしてこれは、

ゾロのかっこよさが罪

みたいな?


あーこれ、自分で思いついたときはひとり、
のたうち回るほどにおかしく納得できることだったのですが (納得したのかよ!)
残念ながら世界政府、そこまでイキな計らいをしてくださるとは思えません。

この件もまた、いつかは明かされることなのだと思われますが、私はただ、
ゾロの左目の代償ではないことを、ひたすら祈りたいと思います~
ホントにゾロ、何をやってくれちゃったのかなあー。






・副船長ゾロ

すごく、ひっかかった台詞がありました。

「 とにかく … もう魚人島にはいられねェ
  サニー号はどこにある? 全員集めてすぐ出航だ 」

それって … ゾロが決めてもいいことなのか?


魚人島にいられなくなるようなことをしたのはゾロなので、
そういうこともアリなのかなあ、って思ったけど、
今までずっとゾロばかり見てきた私には、やっぱり不思議でなりません。

細かいことなら今までも、ゾロが決めてしまうことも確かにあった。
けど、船の進退を決めるのは、そういうことに限っては、
誰よりも、どんなときでも船長の意見に従ってきたゾロ。

半ば脅迫めいた感じで、ルフィに決断を迫ることはあっても、
勝手に船の針路を決めちゃうなんて、なんだかゾロらしくありません。
探せばすぐに見つかる場所に船長はいる、ってわかっていそうなものなのに … なぜ、
「 ルフィを探して船を出させよう 」
じゃ、ないんだろう? 


フカボシ王子とのやりとりは、まるでゾロが船長みたいに見えました。
船長っていうか … 船長代行? 代行っていうより … 副船長?



私ね、ずっと不思議に思っていたのです。
尾田先生はゾロのこと、決して 「 副船長 」 とは呼ばせません。

副船長的立場にあるのは明確なのに、” 相棒 ” とは呼ばせても、
” 子分 ” とかまで言わせても ( ←だんだん、子分、が多くなるのが、私はちょっぴり悲しかったでした )
副船長、とだけは、一度も呼ばれたことがありません。

これは、一味は純粋に仲間であって、上下関係の存在するチームではないから、
船長以外はすべて同列ですよ、って、そういうことなのかなあ、って思ってきたけれど。

それじゃあ、シャンクスのとこは?
レイリーさんだって、確かにロジャーの相棒なのに、ちゃんと副船長とも、呼ばれてた。

って、すごく腑に落ちなかったのですよねー、私。


でも先週の記事にコメンテーターさんが、

「 ゾリの片目、レイリーにもある片目の傷。
  おそらくこの新世界編でゾリを、名実ともに麦わら一味の副船長にするつもり。 」

って、カキコしてくださって (バンダー石鹸さん、ありがとう♪)
そうか、って思ったことがあるのです。


尾田先生は、言葉をとても大切にされる方、と、聞いています。

今までゾロが副船長と呼ばれなかったのは、一味同列、って意味だけじゃなく、
単純にゾロには、「 副船長 」 としての、資格がなかっただけかもしれないです。
その肩書きをつけるには、何かが足りなかったのではないかなと。


副船長として足りなかったものはたぶん、『 実力 』 だと私は思っているですが、
(そうですね、精神的なものではないように思えます)

船長がいなくても、勝手にどんどん、決めていってしまうゾロ。
(そしてそのことに、何の抵抗も見せないナミたち)
そのことが今、ゾロがゆっくりゆっくりと 「 名実ともに副船長 」 に、向かっている証のように思え、
なんだかすごく、ドキドキしてなりませんでした。


そしてまた、先週のウソップナミブルックの立ち位置が、
まるでいつもの3強みたいだったよなーって思い出し、
もしかしたらゾロだけでなく、他のメンバーも、
ゆっくりゆっくりと、位置を変えている途中なのではないかと思われました。


ゾロやサンジくんのいた場所に、他のメンバーが。
ルフィのいた場所に、ゾロやサンジくんが。




それではルフィはどの場所に? って思ったら、それはやっぱり、

『 海賊王 』

という答えに他ならず、
ルフィが王様になるために、みんながこうして彼を、ゆっくりゆっくりと押し上げていくのだと思ったら、
さらにさらに、胸が熱くなりました。


2年前、3D2Yのとき、それぞれに違った場所で、でも全員が、同じことを誓っていた。

「 自分たちの力で必ず、ルフィを海賊王にする 」

その約束は、こんなふうにごく自然に、ストーリーに紛れてこっそり、
ゆっくりと形になっていくんだなってことも、
なんだかワンピースらしくって ( うん、わんぴは和製RPGだからね )
そういう意味でも先週今週のお話たち、私は大変、楽しかったでした(^^)





順調に行けば来週、海の森を見られるですね。
海底に潜ってからの風景、どれもきれいでわくわくなので、大変に期待しています。

神秘的なイメージな場所だから、
もしかしてロビンちゃん、もう先に来てるかな? とか、
死んでも行く(笑) って言ってたサンジくんなこともあり、
またみんながじわじわ、集合していきそうなムードもありますね~v
それがとっておきの場所であるだけに、早く見たくてたまりません♪

今週は大変ゾロ書きすぎて ( 私、これでも半分くらいに削ったの(^_^; )
だいぶん更新、遅くなっちゃったですが ( でも私、とっても楽しかったです(^^) )
来週はも少し早く書けるかなと思うので、
よろしければまたぜひ、遊びにきてやってくださいね♪


WJ 感想 11号
関連記事

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

ONE PIECE 第613話 「硬殻塔の人魚姫 」 - 【 成長 】
こんにちは、よちえです。

今、ほんのりpsychobindさんの出だしをマネしたつもりです (違う)
どうしてかというと、psychobindさんがツイタを始めてくださったですが、
大変に語りまくられていて、わくわくが止まらないからです(うう、たーのしーいよ~♪)

# psychobind(サイコバインド)さん ← 『 (つらつら) 』 という、大変にステキなブログさんです。
どんなことを語ってらっしゃるかは、ここから見られます↓
http://twitter.com/#!/psychobind

ちなみによちえさんはこんなことを…↓
http://twitter.com/#!/yotie111156
↑何も語ってませんね、キャッキャしてるだけでした(笑)



・デッケン9世 

火山に飲まれたかと思ってましたが、ご無事なようで何より。

「 ストーカーで9世で、麦わら帽子を被っているかもしれない人 」 ( ←私脳内データバンク )

は、ネコでした。 サメだとゆうけど、ネコだよねこれ?

波平さんな帽子(違う) でアクセがじゃらじゃらで、足が4本です。
髪の毛の立ち具合が気になるのですが、静電気でしょうか。(違う)

” DEAD or MARRIAGE ” 

とか水かきとか、なんか不快指数高い … 正直今のところ、ジョーンズさんのほうが私は好きです。


9世は、人間と魚人の血が混じっていると聞きました ( もしかすると人魚も? )
今の魚人島では禁忌の血脈に、ほんのり深いキャラ ( イケメン ) を期待していましたが、
もうすでに魚人の血が濃くなり過ぎているぽいですね … ちょっぴりがっかりです(;_;)


9世のお船は好きなんだけどなあ … ホント、このお船は良いと思うのになあ … アヤシクってカッコイイ …♪
旗印がネコっぽくないのが不思議でしたが、もっかいこのお船を見られたことはうれしかったでした(^^)



・しらほし姫 

表情のひとつひとつが可愛くて可愛くて、なんだかわからないけどそそられるしらほしちゃん。

私先日、ビブルのために仕方なく 「 プレイボーイ 」 なる本を買い、
そこで新しい言葉を覚えたですが、
しらほしちゃんて、「 ロリ巨乳 」 というタイプではないでしょーか。

(↑「 ロリ巨乳 」 なる言葉にただならぬものを感じて、使ってみたかったのです~誰が考えたのか、すげえ言葉だと思いました・笑)


しらほしちゃん、どのお顔も可愛かったけど、いちばん好きなのはコレかな♪

613_sirahosi.jpg

10年もこのお部屋に閉じこめられて、あんな攻撃が日常茶飯事で、
それでもルフィのことかばってくれて、この笑顔。

ちょっといいな、って思った … ルフィのお嫁さんに (笑)

ほわほわした家庭が築けそうではないですかーそれに、
こんなに頼りない子ならルフィも、自分がしっかりしなくては、って思うかもなあ…なんて♪

「質問多すぎだ。 お前ちょっと待ってろ 今食ってるから!!」
(↑亭主関白なルフィの台詞っぽく見える(^_^;)

来週はこの二人でおデートかあ、って思うと、想像だけでも可愛くて、なんだか楽しみでなりません♪




・ルフィ

可愛すぎる姫に対して、男前すぎる今週のルフィです。

今週、3番目に好きだったのは、このコマ↓

613_luffy.jpg

投げられた斧にいち早く気づいて、姫を守っちゃったときも、
姫に悪い男かどうかと聞かれて、「 それはお前が決めてくれ 」( キッザ~~! )ときも、
船長、オットコマエだなあ♪ なんて見ていたけども。

10年間、不自由な生活を強いられている姫にとっていちばんうれしいのは、
話し相手になってあげることでも、宴を催してあげることでもない。

あんなにとげとげしい態度でお食事していたくせに、ちゃんと姫のお話、聞いてくれてたんですねぇ…

いつでもいちばん大切なことがわかってる、こんな船長が私は好きです~うんうん、やっぱりときめいた♪(*^_^*)




・ゾロ

先週は 「 2億冊突破おめでとう号 」 ということで私、少々弾けすぎました(笑)

ので、今週は大人タッチで行くぞとか思っていたですが ( ← 「 ロリ巨乳 」 とか言ってたくせに … )
そろそろガマンの限界です、スミマセン、弾けます。



あれはクリスマスを目前に、てんやわんやになっていた頃 ……
「海っ!?」 とかいうひとことを残して行方不明になっていた彼の人が、
今週ついに戻ってきてくださいました~(>_<)


613_zoro3.jpg

くはぁっ!! ゾロッ!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!! ( ←今、すげえ胸がバクバク中 )


ゾロォ、ひさしぶりにお会いしたかと思ったら、なんちゅー悪い顔…
小さい子が見たら泣くぞこれは…とか思うのに……思うのに……

なんでなんでロロノアさんって、こんなにどうしようもなくカッコイイの~!!

何かね、アタマの中でそげキングのテーマソング流れたですよね、このコマを見たとき。
「ひゃっぱつ、ひゃくちゅう~ルルララ~」とか。
( ↑ ええもう、いつでも彼にやられっぱなしの私です~百発百中です・笑 )

21歳になっても変わらぬ祭り好き。お元気そうで何よりですが (そうですね、うれしいです♪)
そんな簡単に出てこれるなら、もっと早くに出てきて欲しかった…

牢屋の中は、お酒の持ち込みOKだったのかな、きっとそうなんだろう、とか、
どうでもいい考察 ( にもなってない ) を、考え続けていた私には、
やっぱしうれしいヒトコマでした(*^_^*)




・ウソップ ナミ ブルック

今週ね、いっちばんに好きだったコマは、ゾロじゃないんです、私。

これが好きです。胸が震えるほどの感動でした↓

613_no1.jpg


「 未来におれ達が何をしようが それを理由に今捕まってたまるか!!! 」

カーッコイイ!! ウソップー!!!

「 しかし大人しくする理由がありません  お望みならいくらでもお相手致しますが…… 」

ブルックさまー! スッテキー!!

ナミちゃんもカッコイイ…このお衣装、こうゆうシーンをより格好いく見せるためにあったんだな…


心中、涙がぼろぼろ出るほどの感動でした。
船長が不在でも、随一の戦闘員がいなくても、麦わらの一味は、
なにひとつ、ゆらぐことはありません。
どれだけたくさんの兵士に囲まれたって、堂々と、正論を主張しています。

しかもあのね、ここにはね、麦わらの一味ではいちばん二番の、口達者が揃っているんですよ?
でもね、言葉だけで抵抗をしているわけではありません。
「 武力 」 で、抵抗しています。

そして私、後になって気づいたけどもネプチューン軍、
本気で雑魚なわけがないと思うんですよ~だって、
そんなに弱いなら何も、手を組まなくたって良いではないですか~ジョーンズさんとデッケンさん。


それなりの実力のある相手に一歩も引かず、
ルフィはどこ行った、ゾロはなにやってんだと騒ぐこともなく、
啖呵切りまくりの3人に、

ああ、これが海賊なんだな、とっても立派な、海賊チームなんだなって、
本当に本当に、泣きそうなほどの感動でした。

ウソップ、ナミ、ブルック。 あんたたちが私、本当に、だいすきだ ……



「 お前らがあいつらを本当に捕まえるのはムリだ!! 」って言ってたルフィ。
本気で捕まってる気もなかったクセに、のんきに身柄拘束されてたゾロ。

このツートップも、こんなシーンが簡単に予想できて、だから平然としていたんだね…
何かこのチームの信頼関係というか、絆というかは、
2年間も離れていたのに何一つ変わらない……
というかむしろ、それぞれに余裕たっぷりなこの態度を見れば、深まった感まで感じます。


なーんかもう、どこを見ても貫禄で、やになっちゃうなあ~私。
だってますますこのチームが、好きになっていっちゃうんだもん(笑)




・おうさま

ええ、書きますよ今週も、王様のこと(笑)

このシーンをご覧ください↓ (クリック拡大)
613_zoro2.jpg

私ね、これを見て、「 おおお、王様、強いんだー 」 って思ったです。
イヤ、ゾロのこともまた、すごいなあって思ったけど。

21歳のゾロは、お船を斬って、PX-4を斬って、クラーケンを斬った人。

このシーンでゾロが、どこまで本気を出していたかはわからないけど、
( ちなみに王様だって、どこまで本気を出していたかはわからないけど )
明らかに実力がタイに見えますよね、この絵面では。

そう思うとこの、ぶっとい王様の腕とか、
三叉の矛を握る指とか、めちゃくちゃかっこいく見えてきた…
思えば王様、王様だってだけじゃなく、神様でもあるのですものね ( 海の神様・ポセイドン )
きっと王様が強すぎて、姫にも王国にも、うかと手出しができないですね。

神様と対等なゾロかあ、って思うと、くやしかったエネル戦なども思い出し、
ますますとこの再登場、うれしくなってしまうのですが、( ハッ、気づけばゾロ語り! )
王様は王様で、可愛いだけのじゃもんじゃないことも、私をうれしくさせてしまうのでした(^^)


王様のこの三叉の矛、きれいですよねーさすがは神の持ち物、って感じです。
これ、ステキに再現してくれるなら、P.O.P.出たら買うのになあ♪





・手袋越しに、手を組んでみました、とか

最後の2ページ、やーなムードがいっぱいでしたね。

私的にはもう少し、乱立するいろいろな勢力が絡み合うとこ、見ていたかった感があるもので、
何かこんなに簡単に手を組んじゃうなんて変なの~! つまらんつまらん!
とか、内心ブーイングが絶えません(笑)

ルフィたちは、王様に手を貸すのかなあ。
今のところ、命がけで彼らから王様を守るほどの理由がないように思え、
ここで再び、ジンベエさんの伝言とやらが、気になってくる私でありました。





感想はここでおしまいですが、最後に1個だけ、書かせていただきたい話があるのです、私。

くだんの「2億冊突破キャンペーン」につきまして、
ゾロファンな先輩が、大変に胸を痛めていらしゃいました。

先輩は、ワンピースが連載されるもっと前から、尾田先生を見続けていた方。
また、かれこれ数十年ものジャンプファンでもあらしゃって、
いろいろなマンガの、栄枯衰勢を目の当たりにしていらした方。
(そして永遠に、ゾロに愛を捧げ続ける方…ぎんこさま、ついていきます!)

ワンピースな現象は、ファンとしてうれしくあるのは当然だけど、
こうして商業ベースに乗った作品でも、何かあれば簡単に落とされることがあるのだと、それから、
まっすぐに作品を見てくれない、安易なファンが増えるのが悲しいと、そうおっしゃいます。

例えば先輩のお嬢様が学校で、お友達に、こんなことを言われてきたりするそうです。

「 ウソップやフランキーやブルックって、ワンピースにはいらないじゃん 」

お子様の言うことです。 何もムキになることはない。
と、思いつつも私、くやしくてくやしくて泣きそうでした。

それから実は、このインターネットな大人世界でも、
「 どうしてこの作品のこと、まっすぐに見てくださらないんだろう 」
って、悲しくなった経験がいくつもあり、やっぱりくやしくてくやしくて、泣きそうになりました。
( まあ大人の方の場合、言葉に出している部分がすべてというわけではないと、そういうふうには思うのですけど )


それからちょっと、考えたです。

私ね、ずっとわんぴのファンだったけど、ここ1年で、ずいぶんとファン度が成長したように思うのです。

以前はね、夫が月曜日に買ってきたジャンプを木曜日頃に読み、
お話が気に入れば何度か読み直し、
一味があまり出ていない回だったりすると、一読してポイ、ってこともあったです。
(それでも私、ジャンプの中ではわんぴしか読まないので、自分の中ではそれなりの情熱で見てたつもりなんですけど(^_^;)

わんぴが好きだったことは確かなんだけども、何も知らず、何も考えず、
安易なファンと言われても、仕方なかったかなとか思います。



きっかけは、エースの死です。

あのとき私、悲しくてつらくて、初めてインターネットで検索をかけ、
こういう、わんぴなお話をたくさんしてくださる、ブログさんというものを知りました。
(すっごいいっぱい回ったよな~あの頃)

先輩ブログさんの、まっすぐにワンピースを見る視線に、とても感動しました。
考察だとか、こまかいチェックだとか、楽しい突っ込みだとか、
拝見するたびに、自分の中のワンピースな世界が、目に見えて広がっていきました。
前よりもずっとずっと、ワンピースがだいすきになりました。
そのことが、本当にシアワセだと、いつもいつも思うのです。


だからね、今は表面的な感じでわんぴを見て、キャッキャしている方たちも、
何かのきっかけがあれば、私のように、もっとわんぴがだいすきになって、
もっとわんぴの世界を知りたいと思うようになるんじゃないかな、って思うです。
人はね、変わるんです。これ、私が証拠なんです。


( といって私、ミーハーにキャッキャすることが、ちっとも悪いとは思ってないです~
 そもそもキャッキャとした感想を共感していただきたくて、私はこのブログを書いてるようなものですもん )


けどね、知れば知るほど、好きになるですよね、ワンピースって。

「 いっぱい好きになる 」 = 「 いっぱいシアワセな気持ちが増える 」

って、とっても良いことだと思うから、
この広い世界を、その奥深さを、もしまだよくご存じでない方がいらしたら、
私でも、出会いのきっかけになれるかな? なれたらいいなあなんて、そんなふうに思ったでした♪
(まあ私、いつでも気持ちだけは大きいですよね、いつでも世界をひっくり返す気満々ですよね、気持ちだけはね・笑)


まだあまり、わんぴな世界よくわからん、という方はぜひ、
私がリンクさせていただいているブログさん、のぞいてみてください♪
オススメはどちらも考察系の記事ですが、「 考察 」 って、決して堅苦しく難しいものではないですよ~。
わくわくとした冒険のようなドキドキと、それから、いっぱいの夢、
そしてこんなにもわんぴがお好きなんだなあって愛情みたいなもの、私はいつも感じています♪


それから、もし周りに、わんぴを知り始めたばかりの方がいらしたら、
少しずつでいいので、いろんなこと、教えてあげてください。
ワンピースはね、ゾロとルフィなだけのマンガなんかじゃ、ないんですよって。
(私ときどきお店でお客様相手に、考察ブログさんで伺ってきたこと、さも自分の手柄のようにひけらかしたりしてるです~食いついてきますよ~楽しいですよ~・笑)


それからね、ご存じですか~いただいているコメントにも、実は検索がヒットします。

わんぴのこととか、わんぴ現象のこととか、
本当は心に思っていることがあって、でも言えないでいることなどあったら、
ぜひ語っていってくださいませ。
(おお、愚痴でも文句でも、なんでもお伺いしますとも♪)

皆様のひとことで、いろいろなわんぴ世界への扉が開くなんて、とってもステキと思いませんか~
あと4日ほどで私、たいそうヒマになりますのでお気遣いなく(笑)
いろいろなお話、大変にお待ちしてます♪


WJ 感想 10号

関連記事

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

ONE PIECE 第612話 「助けたサメに連れられて 」 - 【 じゃもんの王様とゾリ! 】
今週のおジャンプは、

『 祝! ワンピの単行本2億冊突破! SPキャンペーン月間突入記念号 』

でした♪ 


2億冊、スゴイですね。
どこのニュースサイトを見ても、「 国内史上最高 」 とか 「 前人未踏 」 とか書いてあって、
ワンピースのファンであることが、誇らしくて誇らしくてなりません♪

尾田先生、うれしいだろうなあ … ルフィたちも知ったら、きっとうれしいって思いますよね♪


心からのお祝いの気持ちと、うれしかったからありがとう♪ みたいな気持ちも込めまして、
今日はせいいっぱいていねいにいろいろ、拾っていこうと思います~
……… でも、途中で力尽きたらゴメンね(笑)



・ジャンプのお表紙 

ルフィがジャンプの表紙にいることなんて、決して珍しいことでもないんだけども、
いつもいつも、毎回毎回、
「 おおお、ルフィがジャンプの表紙!! 」
って、ドキドキわくわくしてしまいます~これって、私だけかなあ?

表紙なルフィって、たいていカメラ目線なんだけども、
今回はお椅子に座って、ちっちゃなサニー号を見てました。

表情が優しくて、視線に愛がこもってて、
お部屋の中な感じなことも、あったかくって好きでした♪

タイトルとかアオリ文字とか取っちゃって、
原画のままで見たかったなあ~♪




・いろいろキャンペーン 

集英社の全雑誌に、わんぴな付録やプレゼントがつく企画。

キャンペーンサイトで何回も見てたのに、やっぱり隅から隅まで見ちゃったです。

主に、「 ゾロはいるかな、いないかな? 」 及び、「 ゾロはいい顔してるかしてないか 」 が、チェック対象です。

なのでたぶん、全雑誌は買いません ( ← だって、全部にはゾロ、出てないんだもん・笑)


プレゼント商品の中では、
『 3D2Y 』 柄の、「 ” 約束 ” のアームポーチ 」 が気になりました。
『 3D2Y 』、って書いて、” 約束 ” って読ませるなんて、ちょっと泣かせる名前だなあ、とか、思ったの。


女の人が買うには、恥ずかしいような雑誌がなくて良かったです♪ ( しいて言うなら、プレイボーイくらい? )
でも、男の人が買いづらいようなのは、けっこうあったでございましたね(笑)



ビブルスコープで合い言葉を見つける企画。
何かすごくややこしいよ … つまりどの本とどの本を買えばいいのかを、さっくりと教えて欲しい~。

とりあえず今週ジャンプの合い言葉、ルフィのアレで良いのでしょうか …

カードは全種類、集めたい … だってどれも、お気に入りの扉絵柄なんですもの ( ←サイトに出てます♪ )
もしかしたらこれがいちばん、うれしいオマケかもしれないなあ♪ なんて思ったです(^^)



・渋谷ジャック ← 見てみたい … 人目もはばからず、キャーキャー言いたい(笑)

・ワンピース展 ← この情報だけ初耳~ どこでやるのでしょ♪

・ドームツアー ← 東京でもぜひ … 夏を希望 ( お正月と夏しか、連休とれないから(^_^; )


でもそれよりかも今週、なんとしても、ワンダーグーに行かなければ……。
(↑麦わらの一味・スタンプラリー)

ゾロとルフィのスタンプは、2/6まで。

県庁所在地に住んでてよかった~と思う、今日この頃でしたーだってうちの県、
実施している本屋さん、2軒しかなかったです(^_^;)


※スタンプラリー実施店はここでチェックできるよ↓
http://www.2oku.jp/stamp.html
↑毎週ふたりずつのスタンプ、は、いいんだけども、いつもとは微妙に順番が違う、このカップリング…
 どこのどなたさまが考えたのか、いろいろ大変に気になります(笑)





キャンペーンのラスト、いきなりこんなツーショットが…↓
3jyuusi.jpg

ぐぉっ!!(即死)

ああ一瞬、心臓が止まった(ような気がした)でしたー
ななななんで、三銃士なのにツーショット? (←それはまだ、サンジくんのフィギュアができていないから)


ゾロに会えずに一ヶ月。
「 寂しいぞお 」 って思うことさえ封じてきた私には、キョーレツな印象のページでございました~
あーこのゾロ、やけに若くてハンサムすぎる … くそう ……… 好きだ(笑)





・ふ・ろ・く♪ 

2億冊記念号の付録は、サニー号のペーパークラフトでした。

一目見て、「 あかん、私には無理 」 ( ←美術の成績が2だった人 )
と思ったので、夫に作っていただきました。


こう見えても(見えてない) うちの夫、筋金入りのおたくなのです。
マンガもアニメもマニアックですが、プラモデルとかフィギュアとかにも、大変に造詣が深い人なのです。

私にはよくわからない、ほっそーい筆とか、絵の具とか、高級そうな糊とかを、たくさん持っているのです。
(その実力は、息子たちの夏休みの宿題に、いかんなく発揮されています)


でもサニー号の製作には、高級なお道具は使ってくれませんでした。
セロテープでの補強くらいはしてくれました。
切り出しくらいは手伝おうと思った私、メインの帆を破いて叱られました。
(↑ちゃんとミシン目ついてるのになぜ破く …… こういう人だから、作ることができないのです・笑)


「 なんでおれが … 」 とか言いながら、さすがは職人。 イキイキとしてやってくれました。
ふだんは大変に夫を邪慳に扱っている私も、
「 パパ、がんばれ! 」 「 パパ、カッコイイ~ヒューヒュー♪ 」
とか、せいいっぱい応援をしてあげました。

できあがったサニー号は、ちっちゃくて、可愛くて、
「 ああこのへんで、ゾロが修行を … 」
「 ああこれが、ナミちゃんのおふろ … 」
とか、様々なシーンが次々に思い出され、涙がちょちょぎれんばかりの感動でした。


夫よ、サッカーも見ないで、頑張ってくれてありがとう。
結婚して初めて、夫をもらっといてよかったなあ、って思いました(笑)





でもこんだけ盛り上がっておいて何ですが、実は来週の付録のほうが、よっぽどに楽しみでなりません♪

だってホラ、これ↓
itimi_huroku.jpg

かっわいいですよね~可愛くないですか~可愛いよ可愛い!!

全員が全員ともに可愛いんだもん、最初のほうのカラーで見たとき私、死ぬかと思いました~興奮しすぎて(^_^;


ゾロの笑顔、いいですね。
あのときの表情と似てますよ~大きなトリさんに乗って、サニー号に帰ってきたとき。
大変に優しくて満足そうなお顔で、私、とっても好きだったですよね。

見ているだけでも心癒される … なんてステキな付録! なんていい仕事をするんだ尾田っち!

こんなスバラシイ企画をたててくれた集英社さんにも、尾田先生にも、
心から 「 ありがとう♪ 」 って、言いたいです~もう大変に、うれしかったでした(*^_^*)





・カリブーさん 

はあはあ、やっと本編です。 ホント、お待たせしちゃってスミマセン。
何か今週のおジャンプ、私ツボをつきまくりなんですよ~
ここに来るまで、どれほどの血管が切れたのか、すぐに再生するのでわかりません (何言ってんだよもう)



ひさびさ登場のカリブーさん。
イケメンとは少しも思いませんが (←dekuさんへ、お返事)
多少はお気に入りのキャラなので、一応項を設けてみました。

言いたいことは2点です。


・ひさびさのカリブー口調、やっぱりどーもクセになる。


・えろい。






・じゃ・も・ん♪ の、おうさま♪ 

恩人で宴で、竜宮城なはずの一味たち。

麗しのマダムの予言のために、容疑者扱いに転じそうな、不穏な気配……





なーんてことは、まるっきり気にならないほどに、
わたしのおうさま、私のだいっすきな王様が、その魅力大全開な今週号でございました~
もうもう、語っていいですか~語らせてください!!


まずはコレ。 今週のおジャンプ、全500ページ(弱)の中で、
いちばんだいすきだったコマ↓
612_jyamon2.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!! (←笑い転げ中)


な、なんという破壊力!! 

そんなシリアスな顔して王様、いったい……

あまりのおかしさに、意味もなく大ゴマにしちゃったじゃーないですか~それにしてもホントに、

『 ゾリ!! 』

ご飯を食べてても、道を歩いてても、お客様のご注文をさばいていても、

『 ゾリ!! 』

このフレーズと王様の表情を思い出すたびに、
イケナイ声が出そうでもうもうたまりませんでした~まったくもう、王様ったら!!(笑)



けれどじゃもんの王様の、可愛らしいおかしみは、これだけに止まりません。



王様みずからお迎えにいらした理由は、

「 わしも宴の料理が楽しみで 早く始めたいんじゃもん!! 」

くはー! コドモー!



おうちに着いたら、ピンポン鳴らして

「 わしじゃもん!! 」
612_jyamon.jpg

ちょ …… コレ、いばってるのカワイコぶってるの~!? 




極めつけは、お城に着いた後の、こんなシーン↓

612_jyamon4.jpg


ぐ…ぐはっ!(吐血)

な…なんて方でしょう、この王様は!

ああこのまんまるっちいカラダのライン … しょぼーんとしょぼくれっちまってるこの姿勢 …
胸にしみいる、愛らしくもまっすぐな、反省のお言葉 …

どこをとっても、もんじゃらもじゃらしているところさえ … 何もかもが愛おしい … おうさま … ラブ …





けどもこの王様ね、愛らしいだけの王様じゃないんだなあって、思えるシーンもあったです。

私、この台詞が好きでした↓


「 地上に陽が差せば海底も明るく …… 地上の夜には光を失う

  何の慈愛か …… 我々もまた、当然という顔をして ……

  太陽の恵みに生かされておるんじゃもん!! 」



ジャンプを読んで、お昼ご飯を買いに行くときに、ふとこの言葉を思い出して、
私も空を見てみたですよ。

青くて、透明で、とてもきれいだと思いました。



私たち、いつも忙しくて、太陽の恵みだとか、空はきれいなもんだとか、
そうゆうことを考える余裕なんて、あんまなかったりするけども。

我々もまた、魚人島の皆様とおんなじように、
太陽と空気が作る美しい世界に、確かに生かされているんだなあーって。

そんなことを、改めて、思ったりしたでした。



じゃもんの王様はきっと、とても心が澄んでいる方なんじゃないかなーと、 思うです。

ちっちぇーことは目に入らないくらい、大きな心を持っているのではないかと、 思うです。

当たり前のことを当たり前と思わず、ありがたいと思えるなんて、ステキなことだなーって、 思うです。



「 良い王様 」 って言えば私には、ビビパパ ( コブラ王 ) しか思いつかなんだけども、
アラバスタのすべての戦いが終わったときのあの、王様演説には、
とてもとても感動しました。


今、リュウグウ王国は何やら、大変な情勢にあるらしいけども、
すべてのことが丸くおさまったとき、この王様、どんな演説を聞かせてくれるのでしょう。

たぶん、じゃもんじゃもん言ってることには間違いないけども ( ああ、何か、台なしぽい・笑 )
きっとみんなの心にあたたかな勇気がわいてくるような、
そんなお言葉をかけてくださるんじゃないかなーと、 思うです。


コブラ王もだいすきだったけど、ネプチューン王も私、ほんとうにだいすきだ♪

ただただ可愛いだけの王様じゃないと思えることが、本当に、うれしいです(*^_^*)






えーと後は、

・竜宮城、ホントに夢みたいにステキだったよねー♪

とか、

・3回目くらいに読んだとき初めて、ルフィが探しに行ったのはゾロじゃなかったんだ、って気がついた ( 妄想だった・笑 )

とか、

・人魚姫、違うマンガに出てきそうなお顔だなあ ( うん、でもやっぱり、可愛いよね♪ )

とか、

今週のわんぴ、ホントにホントに楽しかったです♪

(そして来週こそはいよいよ、ゾロが出てきそうだなあって思うと、ますますテンションハイな心境~♪♪)



うれしいとすぐ、誰にも彼にもありがとが言いたくなるのがクセなのですが、(何か、選挙の候補者みたいですね、私(^_^;)


たった250円で、こんなにもシアワセな時間をいただき、ホントにありがとう~尾田っち&集英社さん♪


それから今週、本編以外のとこでもたくさんの楽しさをいただけたのは、
やっぱりたくさんたくさんの読者様が、わんぴを応援しているおかげと思うから、

ワンピースがだいすきな皆様にも、心から、ありがとうが言いたいです(^^)



2億冊の次は、3億冊。 3億冊の次は、4億冊。

どこまでもどこまでも、この偉大なる 「 ワンピース 」 って作品を、いっしょに応援していこうね(^_^)b

これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪


(あっ、やっぱり候補者みたいな終わり方だった・笑)

WJ 感想 09号

関連記事

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。