プロフィール

よちえ

Author:よちえ
わんぴ脳でお仕事が進みません…ここは逃避所

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

最新コメント

LINK

わんぴなブログさん
Maybe in the Sunny Day
ひとつづりの大秘宝
ワンピースの感想とか(仮) 
ちゃっくら
刃こぼれブログ
モヤモヤぶろ~ぐ2
海の青空の藍
ワンピースを読み解く!
もの日々
Gururu town
わんぴな二次創作サイトさん
Sky★Star (カップリングなし。仲間ストーリー)
波の随に (ゾロル)
Starlit (ゾロル)
ADHP (ゾロル)
即興空間 (ゾロル)
3時のおやつ (夢小説)
自給自足 (サンウソ)
よちえさん別部屋
わんぴなお写真いっぱいのお部屋
わんぴとか日常とかのつぶやきいっぱい♪

わんぴなお写真コーナー

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わんぴブログさんが、いっぱいです(^^)↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログで植林♪

ブログを書くと葉っぱが育って、大人の樹になったら本当に、地球のどこかに植林してくださるとか♪

ちゃんとお育てできるかな? がんばろうと思います♪

ゾロとルフィと麦わらの一味
ONE PIECEというお話と、麦わらの一味たちが、どんなにステキなヤツらかということを、いっぱい書いてます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伏線回収への期待 - 【 エース 】
#これは、お祭り中に書いた伏線回収ネタを分割したものなのです。
 わりと手直ししましたが、もう一回見ちゃったよ! って方はゴメンナサイ。



伏線と言っていいのかどうかわからないけども、
エースの死に関するもろもろの中で、これから先の展開に、
大変に期待していることがひとつあります。


ワンピースは誰も死なない世界、なんて言われてたけど、
本当はけっこう、死が身近にあるお話で。

でもエースの件が特別だったのは、
あれだけの時間をかけて助けようとがんばったのに、それがかなわなかった、
って、ところにあるのかなあ、とか、思います。


非常に、やるせなかったですよね、あのとき、私たち。


それは大人だけでなく、子供たちも同じだったんですよ、ということをひとつ。



うちには、小学生の息子(次男)がいます。

口から先に生まれてきたような、って言葉がありますが、
うちの次男はその典型で、
一歳になったと同時にベラベラしゃべり出し、
(↑はじめちゃん、と、呼ばれていました…バカボン家の…)
幼少期は起きている間中しゃべっているので、母はノイローゼになりそうになったくらいです。


そんなおしゃべり息子ですが、小さい頃から、
本当にイヤなこと、つらいこと、悲しいことは、絶対に口に出しません。


幼稚園に行き始めた頃、見送りの車の中では、
「 げんき(仮名)は、ようちえんがだいすき。ようちえん、たのしい 」
なんてベラベラしゃべっているくせに、
幼稚園の門の前に来るとピタッと、おしゃべりも足も止まってしまって、
どんなになだめすかしても、一歩たりとも動いてくれませんでした。

「 幼稚園に行くのはイヤだ 」って言葉が、どうしても口に出せなかったのですね。
( だから毎日抱き上げて、教室に放り込んでいました )


大切に育てていたモンスターがいっぱい詰まった、
ポケモンのゲームソフトが盗まれてしまったときもそう。

こっちが必死になって、ゲームの行方を探しているのに、
知らんぷりして、ゲームのこと、いっさい口に出さない。

でも、顔が緊張してて、気持ちを隠してることがわかるから、
「 おまえ、ホントは悲しいんだろ、悲しかったら悲しいって言いなさい 」
って問いつめたら、ワーワーワーワー泣いたけど、
やっぱり頑固に、言葉にして何か言うことはなかったです。



エースの時も、そうでした。


「 死ぬわけないじゃん、だってワンピースだよ? 」

って、誰も死なない世界を、本気で信じていたようです。

けど、あんなことになって、
そうしたらもういっさい、口をきいてくれなくなりました。


イエ、エースと関連のないことなら、普通に会話ができました。

でも、エースが関係してくるような話題になったら、どんなに軽い感じの内容であっても、例えば、
「 おまえ今週のジャンプ読んだ? 」くらいの問いかけであっても
返事ひとつ、してくれませんでした。

こちらの問いかけなど何も聞こえてないそぶりで、黙って宙をにらんでいました。

信じていたものが崩れて、子供なりに、大変傷ついたのだと思います。





大人になれば誰でも、

「 どんなに頑張ったって、どうにもならないことはある 」

ということくらい、身をもっていくらでも体験しています。

理想は追っていきたいけれど、夢と現実の間に、知らずにボーダーラインを引いている。

夢、って言葉を口に出して使うのは、ホントに難しいことですよね、年をとればとるほど。




だけど、まだ夢を見てもいい世代。

小さな子供たちには、私たち親は、

「 一生懸命やればきっとかなうんだから、がんばれよ 」

とか、言うわけです。 やる前に、あきらめて欲しくないから。



けどこれに

「 ルフィは頑張ったけど、エースは死んじゃったじゃん 」

って言い返されたら、私たちは本当に、なんと答えればいいのでしょう。



自分でもバカだなあと思うけど、わんぴファンとして、

「 あれはただのマンガ! 現実といっしょにすんな! 」

とかは、言えない。( 言えないです、言いたくない )





ワンピースというマンガが、これまで子供たちに与えてくれたもの。

わくわくとした冒険の世界と、そこここに散りばめられた、面白おかしく、笑えるエピソード。
悲しいお話もあるけど、どんな強い敵にも必ず勝利するルフィはやっぱり、
子供たちの、ヒーローなのだと思います。


だってわんぴのストーリー展開に一喜一憂する母に、いつだって息子たちは冷めた目で、

「 勝つに決まってるよ、だってルフィだよ 」

って、ホントにこともなげに言ってくれてましたから。

( そのクールさが、ワンピースとルフィへの絶対的な信頼だったこと、ここにくるまで母は、全然気がつきませんでした…やっぱり、子供は、純粋なもんだ… )




一味が動き出して今、うちの家庭では再び、わんぴの話題で盛り上がれるようになっています。

けど、アニメのオープニングではやっぱり、誰もが黙り込んでしまいます。

( 新しいオープニングが出ると、必ずいっしょに歌っていた息子が、この歌だけは歌いません )




ワンピースは、エースの件を、
ただの 「 ルフィの悲しい過去 」 で流してしまうようなマンガではないはずだ。

とか、思います。


子供たちの心の奥に、

「 頑張ったって、どうせダメなんだ 」
「 現実なんて、そんなもんだ 」

みたいな虚無感を植えたまま終わるような、そんなちっぽけでつまらないお話であるはずがない。


大きい大きいお話だから、すぐには何もかも、回収できるはずもないけれど、
いつか必ず、

「このワンピースというお話には、確かにあのエピソードが必要だったんだ。今、やっとわかった。」

って、胸ふるわせながら、心から納得することができるような、

ルフィといっしょに成長していくだろう今の子供たちが、

生きるってすごいことなんだ、夢に向かって進むって、こんなに素晴らしいことだったんだ、

って、素直に信じていけるような、

そんな展開となってくれることを、心から期待し、お願いしたいなと、思います♪



Ps.この記事にいただいたコメントたちが、とても素晴らしいものでした。
私の考えたらずな部分、言葉足らずな部分をフォローしてくださっています。
よろしければぜひ、そちらもご覧いただけたらと思います~
ワンピースのファンな方たちは皆様本当に、
ワンピースを、人生を、深くみていらっしゃるのだなあと感動です♪


スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

夫とわんぴ
夫はかれこれ30年以上もジャンプを読み続けている男です

うちには、ジャンプの人気作品の単行本が、たいてい揃っています。

(本棚をいくつ買っても置ききれないので、タンスの中にも押し入れの中にも…)



夫とはかれこれ20年以上も前に知り合い、
もういいかげん愛も恋もあったもんじゃなく、
会話をすればたいてい言い争いになるというくらい、
たいへんに気の合わない夫婦です(いわゆる、よくある平均的な夫婦です)


夫はあらゆる方面でマニアックなおたく王道を行く人で(本人は否定)
仲間がいなくて寂しいのでしょう、お気に召したマンガがあると、
私に面白いから読めと勧めにきます。


もちろんわんぴもそのひとつです。


ジャンプの最新号が出ると、仕事中にもかかわらずコンビニで購入し、
一読後、そのまま私に見せにきます。(もちろん私も、仕事中です)


夫のにやにやした顔を見るだけで、
「あ、くそ、ジャンプを見せに来たな」(見たい)と思うのですがくやしいので、
「私、忙しいんだけど、何?」って言ってやると、

「あーあー、そーんなこと(仕事)してていいのかなあ~ゾロがねぇ~」
とか、煽りやがります。


イヤ、あんた、社長でしょうが!(私、副社長)
スタッフの手前、ってもんがあるでしょうが!


とか、思うべきなのでしょうがあっさり負けて、
職場の外に出てこっそり読んでしまいます(屋外で読む、が、せめてものスタッフへの気遣いのつもり)

ここ最近の怒濤のわんぴ展開では、
読みながら泣いてしまうことも少なくなく、夫はそんな私を見て
「ばーか」とか言ったりします。かなりくやしいです。


仕事の締めには必ずと言っていいほど、
「次号のわんぴ展開は?」という話になります(仕事、関係ないじゃん)

夫の予想と私の予想は、一度としてかみ合ったことがなく、
お互いの予想をけなしながら閉店作業をします。

気が合わないってわかってるんだから、論争をしかけてこないでほしい、
と、思うのですが、
たいてい、夫からその話題をふってきます。学習能力にややかけています。



エースが亡くなったとき、おもむろに私のほうの職場にやってきた夫は
(同じ会社だけども、仕事場のある場所は別)

「もう生きているエースは見られないんだから、おまえ、これ持っとけ!」

と、1枚の切り抜きを差し出しました。


それがこれ↓
otto.jpg


救出されたエースとルフィが、海軍と戦うシーンです。


どういうつもりなんだろうか、この人は。
いや、言わんとしていることはわかるんだけども…と黙っていると

「俺も違うシーン持ってるから。おまえはこれを持っとけ!」

やけに熱く勧めるので、仕方なく受け取りました。

でも後でチェックしてみたら、
夫のほうの切り抜きのほうがずっといいシーンでした。


本当にこの人とは気が合いません

けどもとりあえず私はずっと、夫からもらった切り抜きを、このPC横に掲げています。



夫は社長で、まだまだ働き盛りなのですが、
あいにくと現代の医学では完治できない難病にとりつかれています。


大事にしていればそれなりに長生きできそうですが、
うちのような小さな会社で、社長がぼんやり引きこもっていたらば、
たちまち経営はかしいでしまうのではないか。

ということを、社長も私も理解しています。


だからまあ、そんなに長生きはできないでしょう。


こうなるとわかっていたら、もっと山盛り保険をかけておくんだったのに~
という口惜しさはありますが
とりあえず子供たちが独り立ちするくらいまではもつだろうし、
私も、夫がいなくても何とかきりもりしていく覚悟はあるので、
それは全然大丈夫なのです。


ただ、ワンピースの最終回まで、あと何十年かかるのかわからないけど、
私にこんなにステキなワンピースの世界を教えてくれたのは夫なので、
全然気が合わないし変な人だけど、
わんぴの最終回くらいは、みせてやりたいなあ、とかは思うのでした。


長生きしたら良いよ、夫。
病院に入ったきりになったら、今度は私がジャンプを持って行ってあげるから。
寝たきりになってもいいから、細く長く生きたら良いよ。

後のことは、まかせとけ!




ちなみにどうせいただくなら、私はこの切り抜きが欲しかったです↓

エース救出成功!
ace.jpg 
( お前は昔からそうさ! ルフィ!!
  おれの言う事もろくに聞かねェで…  無茶ばっかり しやがって!!!)



と、クレームを出したら、この見開き、現在はうちの居間に飾られてます。


エースエース、もっかい、会いたいなあ……

家族がいなくなるのは、悲しい…






テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。